« ■【書評】『悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論』、佐藤優。「悪」に名前をつけることの危うさについて。 | トップページ | ■【映画評】『ハクソー・リッジ』、なすべきことは何か。戦争の狂気に打ち勝つ信念の物語。 »

2017年7月 3日 (月)

■【社会】都議選、小池百合子、都民ファーストの会 圧勝。風は吹いた。問題はこれからだ。私は堀潤に期待します!

自民惨敗、都民ファーストの会、圧勝である。

過半数64に対し、自民23、都民ファースト49、公明を含めた小池勢力79となった。

20170702tominfirst

■安倍政権の落城で雪崩を打って票が流れたという見方もできるが、本質的にはマクロ視点の従来の自民党政治に対する、都民の個人の生活に根差した視点にアピールした都民ファーストの会の勝利という見方になるのだろう。

問題は小池百合子が国政に対する視線がある限り、住民個人の視点に立脚した今回の都民ファーストの会の当選者の思いとのかい離が広がっていくことが予想されることだ。

■いろいろな選挙速報番組があるなかで俄然面白かったのがMXだ。

やはり堀潤はいいねえ。

言いたいこと、言うべきことを言う。でも相手の話もしっかり聞いて論点に対していろいろな側面から光をあてて、議論を高めていく。

民主主義の根幹が議論なんだというしっかりした思想が態度に出ている、そこが素敵なのだ。

やはりNHKに収まる器ではない。

■今回の都民ファーストの圧勝に対しても、小池百合子に対して造反があったらどうするのかと鋭く切り込む。(何を言っているのか分からないと煙に巻かれてしまったが。。。)

当選した議員に対しても意見が合わなかったら造反するのか、と煽る。

これは寄せ集めの新人都民ファースト議員に対する明らかな誘導だ。

都民ファースト圧勝で小池百合子独裁体制を心配する評論家的意見を披露するつまらん他の報道番組とは一味違う、かなり踏み込んだ報道姿勢である。

報道って、ニュースを選んで、インタビューする人間を選んで、質問を選んだ時点で中立なんてことはあり得ない。

報道対象に対して、影響を与えないなんてこともあり得ない。

それを十分わかった上での振る舞いであって、そこが小気味いいのだ。

だから最近、朝はモーニングクロスがお気に入り。踏み込みが鋭いから。

これはMXという弱小だから出来ることだし、だからこそ堀潤はここを選んだのだろう。

■目指すべきはオープンな議論だ。

築地の豊洲移転問題で示された両方残すという方針は、その論理の流れが示されずオープンとは程遠いトップダウンであり、民主主義的には明らかな後退である。

それを受けての堀潤の「造反」の煽りだと思う。

その狙いは本当の「造反」ではなく、自由闊達な議論が都民ファーストの中で醸成されるための援護射撃にあるのだろう。

このまま不透明な「党首判断」に従う流れになったならば、既存勢力と入れ替わっただけのことであり、マクロ視点での政治という従来の流れを断ち切って政治を住民に取り戻す芽を摘むことになるからだ。

■それは小池百合子が国政に関与していく姿勢にも影響を与えるだろう。

民進党は完全にNOを出された。

批判政党に存在意義をだれも認めなくなったのだ。国民は馬鹿ではないのである。

二大政党制を担うのは、自民党のマクロの視点に対抗する住民視点のミクロの勢力になるだろう。

都議選を皮切りに、日本の各地でこの動きが進めば面白いだろう。

■防衛や外交といったマクロ視点も大事だけれど、少なくとも経済のマクロ志向は完全に立ちいかなくなってきている。

企業は投資も再配分もせず内部留保で守りを固め、日経平均がいくら上がろうが手取りが減っていく家計の縮小は止まらない。

それぞれの個々の物語に寄り添った政策がなければ、日本の回復は見込めない。

マクロとミクロのせめぎ合い、議論こそがこれからの日本に必須の構造なのである。

これは本格的な革命の始まりなのかもしれない。

小池百合子がマクロ視点にこだわるならば、その時は造反もありだろう。革命の主役が交代するのはよくある歴史なのだから。

これからの東京は注目だ。

堀潤、しっかり見ていこうな!

20170702horijyunn

                  <2017.07.03 記>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« ■【書評】『悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論』、佐藤優。「悪」に名前をつけることの危うさについて。 | トップページ | ■【映画評】『ハクソー・リッジ』、なすべきことは何か。戦争の狂気に打ち勝つ信念の物語。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/65486727

この記事へのトラックバック一覧です: ■【社会】都議選、小池百合子、都民ファーストの会 圧勝。風は吹いた。問題はこれからだ。私は堀潤に期待します!:

« ■【書評】『悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論』、佐藤優。「悪」に名前をつけることの危うさについて。 | トップページ | ■【映画評】『ハクソー・リッジ』、なすべきことは何か。戦争の狂気に打ち勝つ信念の物語。 »