« ■【書評】『失われてゆく、我々の内なる細菌』マーティン・J・ブレイザー。 抗生物質がもたらす脅威。仕組みを理解し、それを乗り越える科学。 | トップページ | ■【映画評】 『ブラス!』確かに彼らは演奏が上手い。けれど、それがどうしたというのだ。 »

2017年5月 4日 (木)

■【社会】韓国政府 慰安婦問題めぐる報告書を発刊。平気で約束を破る人たちとの付き合い方は冷徹な戦略に基づく方がいい。

韓国大統領戦の候補者すべてが慰安婦に関する日韓合意を反故にすることを主張している。そんな中、韓国政府は、民間報告書という(姑息な)カタチで少女像の撤去を求める日本の主張を合意に関する曲解であるとした。

韓国にとっての日韓合意とは、

日本は謝罪し、それをカタチにする意味で10億円を支払う、

韓国は、出来る限りのことをする、

ということらしい。

文書がないのだから、どうとでも言えるということだろう。

自分で持ち出した「不可逆」って言葉の意味を知らないのだろうか。

 

もうどうでもいい。

と思いつつも、こういう約束すら守れない人たちに対して、これからどうするかについて日本人はしっかりと考えておかないといけない。

隣人がおかしい人だからといって国ごと引っ越しするわけにはいかないからだ。

20170504jirenma

■ゲーム理論のゲームの一つに「囚人のジレンマ」というものがある。

共同で犯罪を行ったと思われる囚人A、Bを自白させるため、検事は2人に次のような司法取引をもちかけた。

・もし、お前らが2人とも黙秘したら、2人とも懲役2年だ。

・だが、お前らのうち1人だけが自白したらそいつはその場で釈放してやろう(つまり懲役0年)。この場合自白しなかった方は懲役10年だ。

・ただし、お前らが2人とも自白したら、2人とも懲役5年だ。

 

お互いに黙秘するのが一番いいのだけれど、相手が自白するかもしれない、という疑念がゲームを面白くする。

それを無限に繰り返すゲームの世界大会で優勝した戦略が「しっぺ返し戦略」である。

【しっぺ返し戦略】

・1手目は協調を選択する。

・2手目以降のn手目は、(n-1)手目に相手が出した手と同じ手を選択する。 例えば2手目の場合、1手目に相手が協調を選択していたら協調を選択し、1手目に相手が裏切りを選択していたら裏切りを選択する。

 

■北朝鮮とのゲームのような深刻さは韓国との間にはないわけで、最適値を探る、こういう戦略が良いのだろうと思う。

とりあえず、次の手は少なくとも「協調」ではなさそうだ。

言うまでもなく朝鮮半島は中国、ロシアという大国が日本に直接脅威を与えないための重要な緩衝地帯である。

そのために日清戦争と日露戦争を日本は戦ったのだ。

相手がどうこう、という感情論以前に、朝鮮半島が(形だけでも)独立した国であるということが日本の防衛にとっての最重要事項なのである。

冷静に、いや、冷徹に対処したほうがいい。

                   <2017.05.04記>

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ■【書評】『失われてゆく、我々の内なる細菌』マーティン・J・ブレイザー。 抗生物質がもたらす脅威。仕組みを理解し、それを乗り越える科学。 | トップページ | ■【映画評】 『ブラス!』確かに彼らは演奏が上手い。けれど、それがどうしたというのだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/65234510

この記事へのトラックバック一覧です: ■【社会】韓国政府 慰安婦問題めぐる報告書を発刊。平気で約束を破る人たちとの付き合い方は冷徹な戦略に基づく方がいい。:

« ■【書評】『失われてゆく、我々の内なる細菌』マーティン・J・ブレイザー。 抗生物質がもたらす脅威。仕組みを理解し、それを乗り越える科学。 | トップページ | ■【映画評】 『ブラス!』確かに彼らは演奏が上手い。けれど、それがどうしたというのだ。 »