« ■【映画評】 『ラ・ラ・ランド』 エモーションはミュージカルにのせて。映画はプロットだけじゃない! | トップページ | ■【社会】かまやつひろしさん、死去。わが良き、甘く苦い思い出とともに。 »

2017年2月28日 (火)

■【社会】残業規制労使協議。経団連は一体どれだけ働かせ続ければ気がすむのか!長時間労働で力任せに働くやり方を根本的に変えなければ何も始まらない。

「(月100時間は)まあまあ妥当な水準だろう。」

「あまりに厳しい上限規制を設定すると、企業の国際競争力を低下させる。」

― 榊原定征経団連会長

2017228

①年720時間(月平均60時間、一日平均3時間)

②違反には罰則を設ける。

ということで政府と経団連は大筋合意。だが、経団連は月の上限を100時間(一日平均5時間)とすることを譲りそうにない。

■いやいや、ちょっと待て。

もともとの法規制値は

月最大45時間、年間360時間

のサブロク協定だろう。

ザル法になっているからといって議論しているレベルが違い過ぎる。

■経団連がいうことは分かる。

実際、わたしも10年以上前に毎日9時から11時過ぎまで働き、当たり前のように休日出勤、月の残業代は裁量労働制で一定の手当て(20時間分くらいだったか)という時代があった。で、なければ仕事が終わらないからだ。しまいには土日出勤で二週間連続勤務なんてのもあったのだから、今考えれば恐ろしいほどに働いた。

けれど、よく考えればそれは私の能力がなくてそうなったのではなく、そういう人員配置をした会社側に責任があるのだ。

「あまりに厳しい上限規制を設定すると、企業の国際競争力を低下させる。」

バカじゃないのか。

ことの本質がまったくわかっていない。

榊原定征経団連会長の論理は、いままで通りでいいじゃないか、といっているようにしか聞こえないのだ。これでは働き方革新の欠片もない。

長時間労働で力任せに働くやり方を根本的に変えなければ何も始まらない。

だからこその規制値であり、企業に対する強い罰則なのだ。

競争力がなくなる?

ドイツへ行ってみたら分かる。

個人の根性にすがるような時代はもう終わりにしよう。

                      <2017.02.28 記>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

|

« ■【映画評】 『ラ・ラ・ランド』 エモーションはミュージカルにのせて。映画はプロットだけじゃない! | トップページ | ■【社会】かまやつひろしさん、死去。わが良き、甘く苦い思い出とともに。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/64951498

この記事へのトラックバック一覧です: ■【社会】残業規制労使協議。経団連は一体どれだけ働かせ続ければ気がすむのか!長時間労働で力任せに働くやり方を根本的に変えなければ何も始まらない。:

« ■【映画評】 『ラ・ラ・ランド』 エモーションはミュージカルにのせて。映画はプロットだけじゃない! | トップページ | ■【社会】かまやつひろしさん、死去。わが良き、甘く苦い思い出とともに。 »