« ■【ドラマ評】『富士ファミリー 2017』、木皿泉。新しく生まれ変わる魔法の言葉は「おはぎ、ちょうだい」。 | トップページ | ■【映画評】わたしの魂に刻み込まれた映画BEST10 »

2017年1月 7日 (土)

■【社会】トランプ次期大統領、トヨタのメキシコ新工場にNO WAY!ゲームのルールが変わり始めているのに気づかないお馬鹿さんへ。

5日、トランプ次期大統領がツイッターでトヨタのメキシコ新工場に、「ありえない!米国に新工場を建てろ!さもなくば高い関税を払え!」という強いメッセージを表明した。

20170107

■今朝の日経には、「恫喝政策、危うい拡大」、「ツケは米自身にまわる」なんていう感情的な見出しが並んでいる。

もう完全にトランプの術中にはまっていることに気づかないのだろうか。

保護貿易によってグローバル企業がどれだけの損失をこうむるかなんて、トランプは知り尽くしている。トランプは敏腕ビジネスマンであって、でたらめばかりを言うおばかなオジさんではないのだ。

むしろ、グローバル企業の論理知り尽くしているからこそやっかいなのである。

■NYダウが2万ドルにもなろうか、失業率も最低、賃金の指標も上昇、という好景気なのに、一向に生活が良くならないアメリカ市民。その不満を背景にトランプは大統領に選ばれた。

当然、彼らの思いに応える責任がある。

その手段がツイートというのが実に巧妙だ。

公式な声明ではないそのツイートに世界中が反応して、自ら大統領として政治的な動きを取らずとも、勝手に動いてくれる。

グローバル企業は、いろいろな先読みをして、結果、NAFTAを解消せずに、その実を収穫することができるだろう。トランプの狙いは、そういうことなのだ。

■グローバル企業も、その提灯記事を書き散らす日経も何か勘違いをしている。

自分たちがいままで動かしてきたゲームのルールがいつまでも通じると思い込んでいるのだ。

世の中には絶対的なものなど存在しない。

そして、もうすでにゲームのルールは書き換えられつつあるのだ。それが形としてあらわれたのが、既存勢力がまったく予想できなかった、去年のBREXITであり、トランプ当選なのである。

トランプはゲームのルールが変わっていることを察知している。そのうえでの行動なのだ。

■メキシコ、中国、日本からの製品に高関税をかければ、アメリカの物価があがって消費者に打撃を与えるのだと日経の記事はいう。

自由貿易は国民のためなのだ、と今まで言い続けてきた理屈である。

それはある意味ただしいのだけれど、じゃあ、デフレが続いて日本人の生活が豊かで安心できるものになったのか、という質問にはどう答えるのだろうか。

モノが安ければ、それでいいのか。

フォードの小型セダン、フュージョンをアメリカで生産した場合、新車のコストが14万円あがるのだそうだが、別に必要なら払えばいいし、今のクルマが動くなら乗り続ければいい。

生きていくうえで必要のないものなら、高ければ買わなくていい、それだけのことだ。

しっかりと、国内の雇用と給与水準が確保されてこその安心感が必要とされている。

グローバル経済の儲けとは相反する、その価値観に舵をきる時代の要請があってのトランプの行動なのである。

決して、それは上品とは言えないが、少なくとも今の変化に対応しようとしている、その意味では、アメリカは最良の選択をした。

今のところはそういう判断だ。

しばらくはお手並み拝見というところである。

                   <2017.01.07記>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« ■【ドラマ評】『富士ファミリー 2017』、木皿泉。新しく生まれ変わる魔法の言葉は「おはぎ、ちょうだい」。 | トップページ | ■【映画評】わたしの魂に刻み込まれた映画BEST10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/64731896

この記事へのトラックバック一覧です: ■【社会】トランプ次期大統領、トヨタのメキシコ新工場にNO WAY!ゲームのルールが変わり始めているのに気づかないお馬鹿さんへ。:

« ■【ドラマ評】『富士ファミリー 2017』、木皿泉。新しく生まれ変わる魔法の言葉は「おはぎ、ちょうだい」。 | トップページ | ■【映画評】わたしの魂に刻み込まれた映画BEST10 »