« ■【映画評】『君の名は。』 物語とは何か。そのスタイリッシュさがあえて捨て去ったもの。 | トップページ | ■【映画評】『魔法少女まどか★マギカ [新編] 叛逆の物語』 愛はかくも深く、罪深く、いとおしく。 »

2016年10月31日 (月)

■志布志うなぎ少女養殖CMに想う。幼稚なSNSファッショに立ち向かえ。

しばらく前の話になるが、志布志市のふるさと納税のCMが問題になり、削除となった。

日曜の日経にCMがSNSで問題になっている件について記事があり、思うところがあったので書いてみる。

Photo

■CMはプールで水着少女を養うという内容で、かなりきわどいのは確かだ。ただ性的なものを感じさせるというだけでなく、幼女誘拐監禁事件を思い起こす筋もあったのだろう。

批判があるのは当然である。

だが、その批判がSNSで燃え上がり、自粛削除に至るという事態に何とも言えない居心地の悪さを感じるのである。

■問題はSNSが招いた’大衆’という皮を被った無責任な匿名のヒステリーたちによる検閲体制である。

なにか差別的なものを感じると、すぐに食いつき、群がるその体質は極めて危険であり警鐘を鳴らす必要性を強く感じるのである。

もともと表現というのは、お行儀のよいものでは面白くないものである。イケナイ、という危うさが人を引き付けるのだ。人目を引くためのCMであるならば、なおさらで、その手段として性的な’イケなさ’がひとつの手段となるのは当然のことなのである。

性的な話だけでなく、差別、といった本来隠されているものをちらりと見せるような毒もまたSNSイナゴたちの格好の標的なのだが、それが実際にわれわれの中にあるものであるのならば、世の中に対して刺さるものとなる。

■確かに、今回のうなぎ少女は、少女監禁を彷彿とさせるという意味でやりすぎた。その意味で表現者として下手を打ったと言わざるを得ない。オフサイドトラップのラインを意識しないアマチュアな感じがしてしまう。

その点、秋元康なんかは狡猾だ。

80年代後半に一世を風靡したおニャン子クラブ。セーラー服を脱がさないでって、あんた。今じゃ完全にアウトだろう。

寛容だった古き良き昭和の空気であれば、あれはぎりぎりセーフ、しかも、これアウトじゃね?というくらいぎりぎりの線を狙っていた。

結果、大ヒット。

もちろん、新田恵利も、国生さゆりも、河合その子も実生活でセーラー服を脱ぐことはない。世の中もそれをわかって楽しむ大人の部分があって、昭和の寛容さとはその大人の部分によるところがあったのだと思う。

だが、今の時代ではアウトだろう。

だからこそAKB48の健康さに、秋元康の時代のオフサイドラインを読む嗅覚の鋭さが際立つのだ。

■だからといって、時代に迎合するだけでいいのか。

何か問題を感じると、先生、いけないと思います!と終わりの会のような幼稚さで盛り上がる、今の状況を放置していいのか。

エロや差別といった、日常では隠されるべきものがちらりの覗く、そこに文化があるのであって、そういったものを一掃するような社会では文化が育たない。

見ていて不快な表現は多々あるのは事実だ。

巨乳をことさら強調したアニメキャラクターなどは反吐が出る。

しかしながら、そういったものを排除していくことは文化の裾野を刈り取り、狭めるものなのだ。

だから正しい大人の選択は、放置なのである。

■テレビCMが気に食わないならば、チャンネルを変えればいい。その商品を買わなければいい。

気に食わないものはぶっ潰す、というそこに問題があって、

昔ならば、ぼやき癖のある親父がテレビに向かって文句をいっておしまいであったものが、悪いことに、SNSの時代では、そういった無責任な匿名イナゴが群がり興奮をあおるという構図ができてしまった。

ある種の力を手にしてしまった。

その力を実感したとき、人は変わってしまう。

■問題は文化の存続だけにとどまらない。

やれ、止まっている電車の運転席で運転士が運転席に足を投げ出していた。

やれ、電車の運転手が立小便をしていた。

だから何だってんだ。

ばかじゃないのか。それを深刻そうに取り上げるワイドショーに至ってはもう二の句が継げない。

ネットで炎上していると煽れば、視聴者も乗っかっていくと思っているのか?

馬鹿にしているとしか思えない。

多少、ものごとを深く考えていると思っていた太田光ですら日曜の番組でそれに批判を加えない。

そんなにネットが怖いのか?

強い圧力を感じるのは事実だろう。

だが、少なくとも文化や思想に関わる人間は、自分の頭で考え、この幼稚なSNSファッショに立ち向かうべきなのではないか。

そう思い、この記事をUPした次第である。

                        <2016.10.31 記>

 

|

« ■【映画評】『君の名は。』 物語とは何か。そのスタイリッシュさがあえて捨て去ったもの。 | トップページ | ■【映画評】『魔法少女まどか★マギカ [新編] 叛逆の物語』 愛はかくも深く、罪深く、いとおしく。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/64422255

この記事へのトラックバック一覧です: ■志布志うなぎ少女養殖CMに想う。幼稚なSNSファッショに立ち向かえ。:

« ■【映画評】『君の名は。』 物語とは何か。そのスタイリッシュさがあえて捨て去ったもの。 | トップページ | ■【映画評】『魔法少女まどか★マギカ [新編] 叛逆の物語』 愛はかくも深く、罪深く、いとおしく。 »