« ■小泉政権の独裁は何故良くて、安倍政権の独裁は危険なのか。 | トップページ | ■【書評】『資本主義の終焉、その先の世界』榊原英資、水野和夫。いま、最大の国難の時期にあって我々はどう動くべきなのか。 »

2016年1月 5日 (火)

■常温核融合と「劣化ウラン弾」という名の超小型核爆弾。

常温核融合の技術がなぜ進まないのかを調べていたらとんでもない話にたどりついた。

常温核融合は重金属の金属結晶格子間に重水素を大量に吸着させて接近させ核融合反応を起こさせる技術だが、その結果放出されるエネルギーは母材の重金属を核分裂させる。
母材がウランの場合、それは原爆となるが、従来の原爆とは異なり臨界質量つまり大量のウラン235を必要としないのが肝。少量の重水素化天然ウランを銃弾に仕込めば大砲並み(TNT火薬200kg級)の威力で起爆する。放射能も残らない超小型原子爆弾である。
これがイラクで’貫通力が優れる’と宣伝された劣化ウラン弾の正体。という話。 ちょっと物理の知識が必要だが面白い。論理的にも破綻してないと思います。

                         <2016.1.05 記>

|

« ■小泉政権の独裁は何故良くて、安倍政権の独裁は危険なのか。 | トップページ | ■【書評】『資本主義の終焉、その先の世界』榊原英資、水野和夫。いま、最大の国難の時期にあって我々はどう動くべきなのか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/63008699

この記事へのトラックバック一覧です: ■常温核融合と「劣化ウラン弾」という名の超小型核爆弾。:

« ■小泉政権の独裁は何故良くて、安倍政権の独裁は危険なのか。 | トップページ | ■【書評】『資本主義の終焉、その先の世界』榊原英資、水野和夫。いま、最大の国難の時期にあって我々はどう動くべきなのか。 »