« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

■小泉政権の独裁は何故良くて、安倍政権の独裁は危険なのか。

安倍政権は小選挙区制をかさに着た官邸の独裁であり、自民党内の議論を封殺するという意味で民主主義を殺すものである。

さかのぼれば、小泉政権も同じ構図の独裁性をひいていた。

ならば、なぜ小泉政権は受け入れられて、安倍政権は危険なのか。

それは役割りの違いにある。

小泉は「既存の権益をぶっ潰す!」という破壊の役割りを担った。

低成長、マイナス成長の時代において、従来の高度成長を前提とした社会システムは機能不全に陥っていた。だから、ぶっ潰した。

そこに選択の余地はなく、だから受け入れられた。

 

問題は、再構築の過程にある。

低成長、マイナス成長の時代にあった、新しい国造りをしなければならない。

破壊に選択の余地はないが、再構築にはいくつもの道筋があり、どの道を選ぶのか、どんな国をつくるのか、という段階においては、深い議論が必要なのである。

民主主義の根幹は深い議論による相互理解とアウフヘーベン(○か×ではない、新しい高みへのステップアップ)にある。

決して、○か×かの多数決ではないのだ。

残念ながら野党にその能力がないことは、先の政権で明確になった。現在の議論でも論理以前の反対反対で、残念ながら議論のレベルに達していない。

自民党の中での血がにじむような真剣な議論が必要なのだ。

再度言う。

再構築の過程における独裁は危険だ。

論議無くして民主主義は無い。

日本は今、民主主義の危機にある。

極めて危ない状況にある。

2015年の暮れに改めて思う。

来年、世の中はどう動くかのか。注目である。

安倍政権が推し進める新自由主義に対抗する議論が必要とされている。

                      <2015.12.30 記>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■【アニメ評】『プラネテス』。愛し合うことは、どうしてもやめられないんだ。

宇宙を舞台に人間の業と救済を描く、傑作である。

●●● 名画座 『キネマ電気羊』 ●●●
    
番外編  『プラネテス』
          監督: 谷口悟朗 原作:幸村誠 公開:2003年10月ー2004年4月

Planetes2

■ストーリー■
2075年、核融合の原料であるヘリウム3を求めて人類は宇宙に進出していた。だがその一方、多くの宇宙廃棄物である大量のデブリが軌道上に存在し、宇宙船への衝突の危険が高まっていた。

ハチマキはそのデブリ廃棄の仕事に就きながら自らの宇宙船を持つという無謀な夢を追っていた。そこに新人としてタナベという若い娘が配属される。宇宙は孤独な世界だと信じるハチマキに対し、タナベは愛の存在を唱え続ける。

2人は衝突しながらも、会社のお荷物的存在であるデブリ課の温かい仲間との関係性の中でお互いを認め始める。そんな中、初の木星探査に向かう最新鋭宇宙船フォン・ブラウン号の搭乗者の公募が始まる。初めは高根の花だとあきらめていたハチマキだったが。。。

Hatimaki1

■原作の幸村誠は、早世の天才漫画家、坂口尚の後継者である。

私とはなにか、他者とはなにか、という問題について悩み続けた幸村は絶対に坂口尚の『あっかんべェ一休』を熟読している。そして、悟りというものについて感覚的に理解し、その世界を覗きこんでしまっている。

宇宙服の外はまったく何もない宇宙空間。そこに一人漂えば、そこには「わたし」しかいない。その恐怖。

一人で生きて、一人で死ぬ。

宇宙に魅入られた人間はそうやって生きていくんだとハチマキは信じる。

光り輝く宇宙の星々の間には何百光年もの隔たりがあり、絶対零度の冷たい空間が拡がっている。

Hatimaki2

■やがて、ハチマキは宇宙の真理をみる。

すべてはつながっている。誰もが孤独な宇宙をかかえているが、その小さな宇宙が重なり、つながって、この宇宙は成り立っている。他者とのつながりそのものが宇宙なのだ。

けれども、宇宙の深淵を覗き、悟ってしまったハチマキに生きていく理由も意味も無くなってしまった。

何かが欠けている。

それを識っている人がいる。タナベだ。

Tababe3

タナベの愛がハチマキを救う。

どうってことない、当たり前の答え。

それが、読むものの心を揺り動かすのだ。

■その原作と並行しながらアニメ化がスタートしている。

だからなのか、単なる原作のトレースではない。

暴虐的なまでのタナベの愛は、幼く純粋なものに書き換えられ、恋愛ストーリーとしてタナベとの関係性が語られていく。

Tanabe1

原作のタナベは幼児期に宇宙(世界)の真相を見てしまっていたがゆえに、ある意味完成された存在(愛の女神)であるが、アニメのタナベは発展途上の乙女。

だから面白い。

ハチマキへの一途な愛。

すべての存在への愛は、ハチマキへと収斂していく。

一方のハチマキは宇宙への想いに囚われている。

宇宙飛行士にとって致命的な感覚障害に陥った時、ハチマキを救ったのは決してタナベの愛などではなく、核融合エンジンに触れることで燃え上がった宇宙への意思である。

 

「君のその愛が彼の心をとらえた事などないのだよ」

 

原作でロックスミスが技術の夢のとりこであった部下の妹に吐いた殺人的なセリフが、形を変えてタナベを襲う。

落下するフォン・ブラウン号から脱出し、月の荒野をさまようタナベは、そのことに気付き、膝をつく。

アニメ版での一番重要なシーンだと思う。

アニメ版のタナベだからこそ成立する悲しみである。

そのあまりに人間的な愛おしさ。

これは、テロリストのハキムを撃とうとするハチマキの心の寂しさに涙を流し、キスをし、抱きしめることで、そのこころを救う原作版のタナベの女神性との対照である。

私は、どちらのタナベも好きだ。

■タナベだけではない。

Deburi

デブリ課と会社との関係、ハチマキ、タナベそれぞれの同期。フィーのかつての同士、ハチマキの教官。

重層的な人間関係を描くことによって得られた物語の厚みは、原作の若さゆえの舌足らずを捕捉し、ハチマキに人間としての深みを与えることに成功している。

企業の論理、国家間の貧富の格差といった社会問題を縦糸に、その人間模様を横糸に、物語は原作にないエンターテイメントを紡ぎだす。

■原作とアニメは別のアプローチをとっている。

感じ入るものも違うだろう。

アニメはあえてハチマキの中に生まれた宇宙の深淵からは距離をとる。

だが、無という、本来、生きた人間が覗き込んではいけないものを覗きこんでしまったハチマキの内面を敢えてそぎ取ることで、その結果ハチマキが手にした「つながり」、「愛すること」を語らずして語ることに成功している。

ハチマキが生きる世界を、その一人ひとりだけでなく、つながりとして描き続けることでそれを語りきっているのである。

その意味でたどり着くところは同じだ、

つながること。愛し合うこと。

その当たり前のことは、どこまでも拡がっていく。

いい作品だ。

Nono2

                      <2015.12.30 記>

■幸村誠は現在ヴィンランド・サガを連載中。

11世紀、ヴァイキングの時代。アイスランドに生まれたトルフィンの物語。

「ヨームの戦鬼(トロル)」と恐れられた父のトールズは何故戦いから逃げたのか。その父を殺し、恨みを買いながらもトルフィンを戦士に育てあげたアシェラッド。平和な世界を一瞬で地に染める暴力の世界の中で、神を見限り、力で幸福な世界を作り上げようとするイングランド王クヌート。

その壮絶な人生に深くかかわりながら、自らの道を探していくトルフィン。

幸村誠はこの作品でプラネテスをトレースし、そしてそれを超えていく。

トルフィンはハチマキが見た深淵を地獄として見、それを抱えて生きていく。

暴力が支配するこの世界ではタナベの愛では通用しない。

ヴィンランド・サガにおいて、幸村は自らの作品だけではなく、心の師匠である坂口尚をも超えようとしている。

その心意気やよし。

現在16巻。実に楽しみな作品である。

 

●●● もくじ 名画座 『キネマ電気羊』 ●●●

*********************************************

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

■【映画評】『スター・ウォーズⅦ フォースの覚醒』 繰り返される物語によって神話は新しい世代に受け継がれていくのだ。

公開1週間目、早速行ってきました! 上映が始まる前のワクワク感、long time ago ...の文字が浮かび、じゃーんとSTAR WARSのタイトル!! やっぱり最高です!!

●●● 名画座 『キネマ電気羊』 ●●●
    
No.85  『スター・ウォーズⅦ フォースの覚醒』
           原題: Star Wars: The Force Awakens
          監督: J・J・エイブラムス 公開:2015年12月
       出演:  ハリソン・フォード   デイジー・リドリー 他

Title_sw_3

■ストーリー■
エンドアの戦いで帝国が崩壊してから30年。帝国軍の残党が「ファースト・オーダー」という組織を立ち上げ、再び銀河に勢力を延ばしてきた。レイア・オーガナは将軍として反帝国組織「レジスタンス」を率いそれに対抗していた。レイアの兄であり、最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーは現在姿を隠しており、レジスタンスは反帝国の象徴である彼の行方を追っていた。
レジスタンスのパイロットであるポーはルークの居場所を示す地図を手に入れるが、同じくルークの行方を追うファースト・オーダーに襲撃され、ドロイドのBB-8に地図を託す。BB-8はジャンク集めのレイに拾われ、ストームトルーパーの脱走兵フィンとともに地図をレジスタンスのいる惑星に届ける旅に出発する。

Title_2

■いやー、スターウォーズ満喫です。

お決まりの巨大戦艦のシーンで、そうだよなー、いいよなー。

砂の惑星での物語に、ああ、まるでタトゥインだなあ、帰ってきたみたいだなあ。

レイとフィンが惑星から脱出しようと宇宙船をめがけて走るシーンで、あのポンコツ、と言った瞬間分かったけど、それでもミレニアムファルコンが目の前に現れた瞬間に、ヒュー、と口笛を吹いてしまいました。

Milenium_falcon

そしてハン・ソロとチューバッカの登場!!

Hansoro_chubakka

J・J・エイブラムスはうまい。

最高のスターウォーズオタクでありながら、最高の演出家。

エピソードⅣ世代の気持ちのかゆいところをしっかりとつついてくる。

■くわしくはネタバレ欄に書くけれども、ストーリーの組み立て方、人物関係といった面でも旧3部作を踏まえていて、物語は繰り返す、という強いメッセージを込めている。

ルークとレイアとハン・ソロが歩んだ道をレイとフィンが再び歩んでゆく。

その世代交代の儀式というのが、このエピソードⅦの役割りなのだ。

Rei2

あまりにも同じ構成なので反発する人もいるかもしれない。けれども、これは物語を若い世代に引き継いていくための儀式なのだ。徹底的にやらなければならない。それがなければ、単なる続編になってしまう。

スター・ウォーズの物語は神話である。

神話には、定型というものが必要で、それは一種の儀式的なものである。

カンロ・レンにしても同じであって、ダース・ベーダーを継ぐ者としての神話に、抗うことが出来ずに飲み込まれていくのである。

Darthbader

そこに人は運命を感じる。

そこに神話が生まれるのだ。

■上映時間150分。

これは長かった。

ストーリーを詰め込み過ぎた感がある。これでもJJとカスダンはずいぶん切り詰めたのだと思う。語りたいことは山のようにあっただろう。

通常なら1.5作分の内容を詰め込んだ感じすらあるけれども、新3部作全体の構成を考えたならば、あそこまでたどり着いておかないと、でも、ここをカットするわけには。。。という苦闘が伝わってくる。

結果、後半に若干のたるみがある。疲れていたので少し眠くなった。(その次のシーンのあまりの衝撃にすっかり目が覚めてしまったのだが!)

普通なら、レイが捕まってしまうシーンあたりで、タイトル曲が流れて、次回をお楽しみに!となっていてもおかしくない。

そこを、あそこまで見せてくれたJJに感謝すべきだろう。でなければ欲求不満で爆発するファンが続出していたに違いない。

しっかりひとつの作品として完結させてくれたことによって、しっかりとした土台が出来た。新しい世代にバトンは渡った。

次のエピソードⅧは、レイとカイロ・レンの成長の物語になるだろう。エピソードⅤ帝国の逆襲がそうであったように。

そしてレイの素性(たぶん、あれのあれだろうが。。。)が明かされるとともに、新たなジェダイの神話が築かれていくのだ。

旧3部作の中では、帝国の逆襲が一番好きだし、評価も高い。

そういう意味で、次のエピソードⅧ(17年5月北米公開予定)が非常に楽しみだ。

フォースとともにあらんことを!!

X_wing

   
■■■ 以下、ネタバレ注意 ■■■

さて、ネタバレしながら各キャラクターを追っていこう。

■レイ。

Ray3

マスクをかぶってお宝を探す登場シーン。マスクを外すシーンで、ナウシカかと思いました。

いいですね。デイジー・リドリー、可憐です。

まったく訓練を受けていないのにフォースを使いまくり、ついにはカイロ・レンをやっつけちゃう。

どんだけフォースが強いのよ!、という話である。

ルークによって惑星ジャクーに隠された最後の希望、というところか。

たぶん、カイロ・レンの妹なんだろうな。

とするなら、ハン・ソロとの短い交流の間に芽生えた感情も納得できるし、カイロ・レンがダークサイドに引きずられて父親を刺し殺すのを目の当たりにした悲劇もつらさが増してくる。

エピソードⅧでは、カイロ・レンから「妹よ!一緒に世界を支配しよう!祖父の無しえなかったことを受け継ごう!」なんていわれるのだろうか。。。

Ray4

■フィン。

Fin

あれ、ストームトルーパーってみんなボバ・フェットのクローンだったんじゃないんだっけ?

30年のうちにきっと劣化がすすんだんだね。子供をさらってきて教育して兵隊にするなんて、アフリカの民兵みたいですな。

で、はじめての戦闘でストームトルーパーの非人間性を目の当たりにし、脱走するわけです。その正義の人がスター・ウォーズ初の黒人であって、悪い人たちはみんな白人というのが気に入らない。そんな人たちがアメリカにはいるようで、日本人にはさっぱりわからない感覚がそこにはあるようです。

ランド・カルリシアンがすっかり忘れられているのが気になりますが。。。。

SF的には、ボバ・フェットのクローンに自意識が生まれる、というストーリーの方が好きだけれども、多様性とか、そういうメッセージなんでしょう。女性トルーパーのキャプテン・ファズマなんてのもいい感じだしね。

Onna_sikikan

フィンはこれからレイを支えるハン・ソロの位置に来るのか。。。それともエピソードⅦのみのキャラとなってしまうのか。。。。ちょっと気になります。

■ハン・ソロとレイア

Raya

歳とったよね。キャリー・フィッシャーは無理なダイエットを強いられたとこぼしてましたが、面影って大事です。

ここに来るまで、いろいろ話があったようで、二人そろうとその関心事は息子のベン(カイロ・レン)のことばかり。

すっかりホームドラマです。

反面、ハリソン・フォード単独のシーンはまだまだ現役。いきいきしてます。ハン・ソロはやはり家庭の人ではなく、宇宙のお尋ね者なのです。

だから逃げちゃった。

それでも最後は息子に刺されながらも、かわいい息子よ、、、と顔をなでる。そのあたり、子供を持つ身としては、すっかりやられちゃいます。

ちゃんと、最後は父親でした。。。。

ところでレイは結局、二人の娘なのか?それらしい振りがなかったのが気になりますが。。。

■カイロ・レン。

Kairo_ren

ハン・ソロとレイアの息子にして、ルークの弟子。

暗黒面に引き込まれてしまうものの、まだ光を感じてしまう自分に戸惑い、苦しむ。

祖父であるアナキンがダースベイダーであった、その仮面を自らかぶることでその苦しみを外に出さぬようにしている。

父であるハン・ソロに抱かれながら、自らの苦しみを吐露する。。。しかし、太陽がその光を失った瞬間、闇が温かいものを拒絶するように父親を刺し殺す。

悲劇だよな・・・。

けど、そのあとがいけない。

レイとフィンを追い詰めたはいいが、ライトセーバー初心者の二人にてこずり過ぎ。瞬殺でしょ、普通。。。。最後にゃレイに負けてしまうし、、、。

カイロ・レンって、むちゃくちゃ弱いんじゃない??

祖父がどうこう言う前に修練をつみましょう。

■ルーク。

Ruku

最後に出てくれたが、一言もセリフなし。

いいやりかただとは思うけど。。。次回へのお楽しみですかね?

■ともかく、ともかく、大満足。

近いうちに娘に見せようと思う。

すでに旧3部作を見せて洗脳済み!

想えば、私が父に連れられて第一作を劇場で見たのも、今の娘と同じ小学生の高学年のころだった。

こちら側でも歴史は繰り返す。

娘はどんなシーンで楽しんでくれるかな?

                      <2015.12.26 記>


スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

■STAFF■
監督:J・J・エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン、J・J・エイブラムス
製作:キャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
製作総指揮:トミー・ハーパー、ジェイソン・マクガトリン
撮影監督:ダン・ミンデル
プロダクションデザイナー:リック・カーター、ダーレン・ギルフォード
編集:メリアン・ブランドン、メアリー・ジョー・マーキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
衣装デザイナー:マイケル・カプラン
特殊効果スーパーバイザー:クリス・コーボールド
視覚効果スーパーバイザー:ロジャー・ガイエット
音響デザイナー:ベン・バート
再録音ミキサー:ゲイリー・ライドストロム
総音響編集:マシュー・ウッド



■CAST■
ハン・ソロ - ハリソン・フォード
ルーク・スカイウォーカー - マーク・ハミル
レイア・オーガナ将軍 - キャリー・フィッシャー
カイロ・レン(ベン) - アダム・ドライバー
レイ - デイジー・リドリー
チューバッカ - ピーター・メイヒュー
C-3PO - アンソニー・ダニエルズ
フィン - ジョン・ボイエガ
アンカー・プルート - サイモン・ペグ
ポー・ダメロン - オスカー・アイザック
最高指導者スノーク - アンディ・サーキス
ハックス将軍 - ドーナル・グリーソン
ロー・サン・テッカー - マックス・フォン・シドー
マズ・カナタ - ルピタ・ニョンゴ
キャプテン・ファズマ - グェンドリン・クリスティー
ウォリバン - ワーウィック・デイヴィス
ギアル・アクバー提督 - ティモシー・M・ローズ
ナイン・ナン(ニエン・ナン) - マイク・クイン

 

 

●●● もくじ 名画座 『キネマ電気羊』 ●●●

*********************************************

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »