« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月22日 (火)

■【映画評】『チャッピー(アンレイテッド・バージョン)』。人間とは何かという問いに対するアンチテーゼ。

いやー、面白いラストでした。でも、カラーが変わらんね、この監督。いいことだけど。

●●● 名画座 『キネマ電気羊』 ●●●
    
No.84  『チャッピー』
           原題: Chappie
          監督: ニール・ブロムカンプ 公開:2015年5月
       出演: シャールト・コプリー デーヴ・パテール シガニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン他

■ストーリー■

南アフリカ、ヨハネスブルグ。兵器メーカーのロボット技術者ディオンは治安維持用の自律型ロボットを開発し、量産化。犯罪多発地域のヨハネスブルグの治安維持に貢献する。その一方で、彼はAI(人工知能)を独自に開発、いち早くそれを試すべく、廃棄処分となった治安維持ロボットを社外に持ち出すが、彼のロボット技術を狙うギャングに拉致される。AIをインストールされたロボットはチャッピーと名付けられ、ギャングのもとで育てられることになるのだが。。。

O0500031213328580328

■ラッパーのヨーランディーがいい。ママとしての愛が溢れてる。

その彼女が黒い羊の話をするシーンが、このお話の中核であって、見かけなんで関係ない。大切なのは中身なのだというところ。

第9地区でもそうだったけど、このニール・ブロムカンプって監督は人間へのこだわりが無さ過ぎる(笑)。

人間とは何か。というテーマに行きつくべき内容なのだけど、そこから思いっきり逸脱してしまうところが面白い。

普通の人間が躊躇してしまう境界線をあっさり飛び越してしまう、そこについて行けるかどうかが、この映画を楽しめるかどうかのポイントなのだと思う。

■子供のようなチャッピーにヒドイ接し方をするのがヨーランディーの相方のニンジャ。

Img3076_01

かなりエキセントリックな人で、いきなり銃を教えるわ、貧民窟に置き去りにするわ、で、要は悪党なんだけど、それでもチャッピーのパパなのです。

子供は父親を選べない。

生き方、価値観を父親から学んでいくのです。

お仲間のアメリカさんにも影響を受けながらクールなギャングスタを目指します。

Tyappy1
Chappie3_20150111192403035

■それに対して、創造主のディオンは痛々しいほどにチャッピーが育っていくことを望み、喜ぶ。

Cyappy3

多分、チャッピーはディオンのすべてだ。

その意味で本当の子供。

正しく生き、限界に縛られず、創造的に育ってほしいという親の気持ち。

ギャングスタにあこがれるチャッピーにも、その気持ちは通じていて、だからこそ、何故、5日しかもたない身体に自分の魂をやどらせたのか、という抗議は、ディオンにとってかなり堪える。

自我を生み出す、ということの重大性をディオン自身が意識していなかった。

つまりはそういうことなんだけど、これはシェリーのフランケンシュタインからつながる大きな問題なのであります。

15070814

■生きたい、というチャッピーの純粋な気持ちが、終盤の物語を展開させていくのだけれど、そこにはもう、疾走感だけがあって、立ち止まり、考える余裕はない。

多分、それがニール・ブロムカンプ流の人間論なのだと思う。人間とは何か、とか、何故、生まれてきたのかとか、そういうことはどうでもいい。

だって、立ち止まっていたら殺られてしまう。

そういう世界で育ってきたのだから。

生き延びること。それが最優先事項なのだ。

生きたい、という気持ち。

平和な社会に生きていると、つい忘れてしまうのだけれど、突き詰めてみれば、それが本質なのかもしれない。

Chappie3

 

Tenshion
■それはそうと、最高に笑えたのはニンジャのテンションパンツ。確かにあなたはテンション高かった(笑)!!

 

■■■ 以下、ネタバレ注意 ■■■

A135f5fa7cc9a9a58dd09c9b1cb1548c

■生き延びるために、自らの意識を転送する手段を探すチャッピー。

ムーアの意識モニターヘルメットを使って、転送実験を試みる。

もちろん、上手くいかない。

当たり前だ。意識なんてものは、簡単にデジタル化。。。

カタカタカタ、あ、でけた。

え??出来ちゃうの??

 

もう、このあたりでハードな論理とはおさらば。ファンタジーの世界に突入します。

ディオンがロボットに転送されるなんて考えもしなかった。

おまけにヨーランディーママも復活!

良かった、良かった、のお話なんだけど、ホント、ニール・ブロムカンプって強引だよな。好きだけど。

■ブルーレイには80分の特典画像があって、そこに、もう一つのエンディングが入っている。

さらなるネタバレで言うなら、チャッピーがいっぱい!!

まあ、そうなるよな、というオチです。

でも、こうなるとまったく別の映画になってしまうので、正式カットにはならんかった模様。

正解だよね。

■ところでクレイジー、ヒュー・ジャックマンと軍事ロボット。

あれは必要だったのかね。。。。

シガニー・ウィーバーの抑えた演技は最高だったが。。。。

Cinemacafe_30538
America_ayausi
Images_1

                      <2015.09.22 記>


ポスト・ヒューマン誕生―コンピュータが人類の知性を超えるとき

■幾何級数的に発達するコンピュータの能力の向上により、2045には人間の意識も含めた脳の解明は完了し、意識をもったAIが完成する。人間の能力をはるかに超えたAIの登場により世界は一変する。最近話題のシンギュラリティ(技術的特異点)の震源地。厚くて、まだ読破できてません。。。。面白いんだけどね。

■STAFF■
監督 ニール・ブロムカンプ
脚本 ニール・ブロムカンプ  テリー・タッチェル
原作 ニール・ブロムカンプ 『Tetra Vaal 』
製作 サイモン・キンバーグ
製作総指揮 ベン・ウェイスブレン
音楽 ハンス・ジマー
撮影 トレント・オパロック
編集 ジュリアン・クラーク


■CAST■
チャッピー(声とモーションキャプチャ) - シャールト・コプリー
ディオン・ウィルソン - デーヴ・パテール
ニンジャ - ニンジャ(ダイ・アントワード)
ヨーランディ - ヨ=ランディ・ヴィッサー(ダイ・アントワード)
アメリカ - ホセ・パブロ・カンティージョ
ヴィンセント・ムーア - ヒュー・ジャックマン
ミシェル・ブラッドリー - シガニー・ウィーバー
ヒッポ - ブランドン・オーレット
ピットブル - ジョニー・K・セレマ

●●● もくじ 名画座 『キネマ電気羊』 ●●●

*********************************************

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■安保法案の本質。南スーダンPKOの駆け付け警護任務論を契機に、この国の行く道について考える。

■安保法案の発動第一号として南スーダンPKOでの駆け付け警護任務追加が検討されている。

仲間もしくは民衆が武装勢力に襲われている事態に対し、座して何も出来ないなどということがあっていいのか、なんて考え方もあるわけで、常識的に言うならば、あってしかるべき任務であるかのように思える内容だ。

だが、よく考えれば、PKOとして派兵されているのは施設部隊、つまり陸自の建設工兵さんたちであって戦闘部隊ではない。

警護任務は、ちゃんとその役割りの人たちがいるわけだ。

なんでもかんでも自衛隊だから戦え、というのは乱暴すぎる。

ならば、自衛隊の戦闘部隊を派兵するというのだろうか?

■襲ってくる武装勢力にも1分の理があると考えるならば、これは武力をもって政治と対峙することを意味している。

国連に指揮権をゆだねているといえども、日本人がそこに関与することには変わりがない。

その決意が日本人にあるのか?

平和憲法を持つがゆえに、平和維持の、平和構築の部分でPKOに関与し、現地の人たちが生きていくインフラを整備することで、日本人の兵隊さん、ありがとう、と上手くやってきたのではないか?

それが、銃器をもって敵と対するということは、繰り返すが、政治に武力で関与するということであって、政治に関わらず、困っている人たちを助けるのだ、という日本のPKOのスタンスを根本的に変える、ということなのだ。

PKOが純粋な兵力引き離しではなく、政治的な偏りを持たざるを得なくなっているとするならば、なおさらのこと。

両手をしばって自衛隊を派遣してきたという愚をただす、なんて簡単な話ではないのだ。

■しかも、これはアリの一穴であって、PKOに続くのはアメリカ主導の多国籍軍に対する自衛隊の位置づけだろう。

その時、日本がその国の判断として、相手の国の国民に銃を向けるのである。

それが極悪非道の武装勢力であろうが何だろうが関係ない。

それは名前の付け方次第であることはアメリカのイラクとの戦争で分かっているはずである。

 
日本国憲法 第九条

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 

どうも安倍総理は日本語が不自由らしく、こんな簡単な国語も分からないらしい。

と、思ったら最近は『新たな解釈を加え』という言い方に変わってきているので、それなりの認識はしているようだ。

少なくとも、憲法違反すれすれであるという意識はあるらしい。

もし、多国籍軍へ参加する自衛隊に戦闘行為を認めるならば、それは【国権の発動】ではない、日本には主体性のまるでないアメリカの請負い部隊である、ということになる。

たぶん、そこが今回の安保法案の本質なのだと思う。

だから、憲法違反には当たらないのだ。

なんでそんな簡単なことも分からないのだ、皆まで言わすなよ。言ったら元も子もないだろ、察しろよ。というわけだ。

 

その戦場で死ぬ日本の兵隊さんは、アメリカの国益の為に死ぬのである。

死んでも死にきれないだろう。

■それもこれも、核戦力を含めたアメリカの軍事力で日本が守られている、という前提がすべての根源にある。

冷戦下において、日本はそのアメリカの力のもとで思いやり予算やら何やらの貢物をしながらも、うまく立ち回り、経済的発展を遂げてきた。

新たな極東情勢においては、時限爆弾である北朝鮮、地政学的に常に対立すべきロシアと中国との関係にシフトしており、だが同時に経済的相互関係性も維持するという複雑な状況にある。

もしかすると、アメリカの核を含むパワーに守られているなどいうのは幻想で、そのようなものがなくても日本は自らを維持する選択肢をもっているのかもしれない。

だが、実験するにはあまりにリスクが大きすぎるということだ。

いずれにしろ、アメリカというボスの言いなりに動かざるを得ない日本の状況をしっかりと見据え、ここは臥薪嘗胆というところなのだろう。

■歴史を長い目で見るならば、今の資本主義もいつかは崩壊する時が来る。

世界が成熟してしまえば、新しいパイがなければ、資本主義は駆動できないのだから。

中国の崩壊がその引き金になることは、十分に予想できるし、すでにそれは始まっているのかもしれない。

だから短期的な視点ではなく、長期的な視点で日本が生きぬく道を、そのシナリオを構築していかなければならない。

アメリカがなくても生きていける日本のシナリオを準備しておくこと。軍事、エネルギー、食糧という国防の観点はもちろん、いままでの価値観をひっくり返した新たな価値観を生み出し、すぐそこにある大混乱の先にある世界を描かねばならない。

その根本に、たとえ貰い物ではあったとしても、真の民主主義の理想をかかげた日本国憲法があってもいいんじゃないか、と私は思うのである。

 

当面は、アメリカすり寄り戦法でなんとか凌ごう。

悲しくとも、くやしくとも、選択肢はない。

だが、その後の戦略を持つ、したたさをあきらめないことだ。

きっと政治の時代は帰ってくる。

それまで日本人は考え続けるべきだろう。

経済だけではない、本当の世界というものを。

                        <2015.09.22 記>

【追記】

それは、もしかすると国際的社会保障というようなものなのかもしれない。

現代における暴力の温床が貧困にあるとするならば、それを撲滅すればいい。

 

日本国憲法第25条

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

 

【国民】を【世界の人々】に、【国】を【国際社会】は、に読み替えればいい。

もしかすると、私が不勉強なだけで同じ文言が国連憲章にあるのかもしれないが、とても機能しているとは思えない。

これまで国際社会がやってきたことは、ある勢力に資金を渡して(都合のわるい)反対勢力をつぶす行為の繰り返しであり、その結果、その勢力がコントロールできなくなって不幸を加速させる、という構図である。

そうではなくて、幸福の種を蒔きつづけること。

そして、それが経済的利益につながる仕組みを作り上げる事。

他人の不幸を救うことが、自らの利益になる仕組み。

多分、それが答えだ。

 

え?AIIB?(笑)

悪い冗談だけど、外れてはいないかもしれない。

日本主導で、世界の貧困対策、治安回復をおこなうファンドを立ち上げたらどうだろう。

そうしたら、経済的に離陸する地域が増えて、資本主義ももう少し生き延びられるかもしれないね。

日本の平和思想を世界に広げるチャンスだと思うのだが。。。

                             <同日 記>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■【アニメ評】『ガッチャマン クラウズ インサイト』 #11 trade-off。ヒーローとはそこまで厳しいものなのか?

いよいよ、大詰め。日本を覆う、責任の所在なく突っ走る【空気】というカタチの無い敵をガッチャマンはいかに殲滅するのか。

Photo

結局、はじめちゃんはまたしても自らを犠牲にする道を選んでしまったんだね。

ゲルサドラを追い詰めたガッチャマンメンバーが、トドメを差す前にガッチャのポーズで敬礼する。その意味が分かった時、彼らが選んだ選択肢のあまりの過酷さに涙が潤む。

はじめちゃんは、自らのデザイナーの能力か、ベルクカッツェの能力を使ってゲルサドラになっていたんだね。

大衆の前で、彼らの目が覚めるような形でゲルサドラは死ななければならない。

大衆が望んだ空気が生み出した結果は、彼らがそんなことを望んだわけではない、という主体的な気づきが生まれるほどにショッキングなものでなければならない。

だからガッチャマンのメンバーは、決して容赦はしなかった。

はじめを殺す覚悟で、そこに臨んだ。

トドメを差す清音の気持ちは想像を絶するものだ。

そこに想いが至る瞬間に入り込むエンディングテーマ。

その真剣な眼差しの意味がヒーローであることに対する断固たる決意であることが、その厳しさが、テーマ曲と共にに怒涛のような感情となって流れ込んでくる。

もし、このエンディングがこの11話の為に用意されたものであるならば、中村健治は神だと言えよう。ここまでの流れはすべてこの瞬間にあった、ということだ。

Ed
Ed_2
Ed_3
Ed_4
Ed_od
Ed_5
Ed_6
Ed_7

形のない世界が全てを飲み込んで

僕らは考えることをやめたんだ

いつだって正義は多数決で決められる

逃げ場を探すマイノリティー

 

今君が翼ひろげ

この世界を包み込む

僕達はなにも知らない

知ろうとしない

 

夕焼けが真っ赤に燃え

繋がった友情は

僕らをヒーローにしていく

GET CHANGE(ガッチャ)!

 

この11話で、物語としては完結している。

あとは、大団円にむけて、どう締めくくるか。

たぶん、ゆるじいのところで鎮魂の花火を上げて終わるのだろうけれど、それ以上のことを望むのは贅沢なファン心理なのだろうか。

クラウズはどうなるのか?カッツェは?

いろいろ気になるところはある。だが、まあ、全部は解決してくれないだろうね。

ゆるりと次回、最終回を待ちましょう!

                        <2015.09.22 記>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

■【アニメ評】『ガチャマンクラウズ インサイト』。空気にのみこまれるい恐ろしさ。必要なのは何よりもバチバチっっていう激しい議論なのだ!

ずるずるだらだらとすすんできたガッチャマンクラウズインサイトも前回の8話、青赤白のしましまの謎の存在「くうさま」の登場で一気に物語が動き始めた。

番外編 『ガッチャマンクラウズ インサイト』

Cd

■8話での衝撃は、何と言ってもるいるいが籠絡され、あたたかい思考停止の世界にとりこまれてしまったところ。Xが必死の説得を試みる姿がかなしい。

Ruirui_2

この事態について、カッツェがまた なぞなぞを出す。

前回のは、「どんな人間も大好きな、めっっちゃくちゃ甘くておいしーものってなぁあんだ?」

で、答えは【人の不幸】、それはネット民の悪意を指し示していて、でも、ネット民の多様性や、好奇心というものは、そう捨てたもんでもないんだよ、というお話だったわけです。

で、今回のなぞなぞは、

Q:入れるのは簡単だけど出すのは結構難しいみんなの大好物ってなーんだ?

<ヒント> なぞなぞの答え、もちろんミーも大好物っす でも、ゲルゲルの方が二万倍好きっすね

Kattue2

うーん、【意見】?って思ったけど、

正解は【空気】でした。

空気読めない、の空気です。

みんなひとつになって幸せになろーよ!

というゲルちゃんとつばさの危うさがじわじわと盛り上がってきたその頂点で、その危険の姿が明かにされたわけであります。(9話)

■みんなひとつになって幸せになろーよ!

というみんなの【空気】から生まれた「くうさま」は、空気をよめない人を飲み込み始める。

(8話のラスト、丈の目の前でアランが飲み込まれるシーンは衝撃!あっ、飲んじゃった!!)

空気にそまらない人を飲み込み始めるくうさまを前に、【難しい話はよく分かんないですけど、】と、反対意見に対して受け入れ拒否、思考停止をしてきたつばさが、やっと気づくわけです。自分が推し進めてきたことの恐ろしさに。

Kuusama

その微妙な空気にみんな気付き始めていて、ここで空気にあわせないと、自分が飲み込まれちゃう、と。

9話ゲストでメガネの高校生として登場したWHITE ASHののび太も、思いっきり合わせてました。

■敵が見えないという意味で、独裁よりもやっかいな【空気】というもの。

下手に敵対すれば、大衆の作り出す【空気】にはじき出されてしまう。

戦前、戦後と日本はこの【空気】によって動いてきた。

日本の一体感の正体は、この【空気】なのである。

この現象を分析したのは山本七平で、それは『空気の研究』に詳しい。

【書評】『「空気」の研究』 山本七平。決して古びることのない本質的日本人論。

この山本七平の論によれば、この空気に対抗するには【水を差す】という行為しかない。

みんなが安倍ちゃん最高!アメリカ議会でもスタンディングオベーション!って、盛り上がってるところに、それって憲法違反だよね、と言った憲法学者の長谷川先生みたいなもんだ。

これは、水を差すのが上手くいった珍しい事例で、実際には、まあまあ、大人の発言をしようよ、なんてたしなめられて消えてしまうのが、良くある話。

空気というのは、それほどに強い力を持つものなのだ。

■次回、10話。VAPEのリーダー鈴木理詰夢が、この空気を変えるべく動き出す。

大衆の心の動きを追ってきた監督の中村健治が山本七平を知らないわけはなく、絶対に水を差しに来る。さて、どうなるか、非常にたのしみである。

あと3話だしね!ラストに向かった疾走がそろそろ始まりますよ!!

 

一方。今の日本。

安倍首相の独裁ともいえる官邸政治。

小選挙区制だから、自民党議員は造反すれば次回の公認を得られず落選することが目に見えているわけで、違う!と思っても、違う!と言えない。

中選挙区制を止めたことで、2大政党制が育たなかった日本の悪夢。かつての派閥政治の時代にあった議論がまったくない。野党は相変わらず的外れの反対議論をぶち上げるだけでまったく説得力が無い。

日本の民主主義は本当の危機にある。

安倍の資本主義至上主義とアメリカ迎合戦略。

個人的には反対意見だが、それよりもなによりも、まったく議論の無いまま、安保法案については防衛省の意見すらいれられずに決まっていく、この姿が民主主義的に正しいとは到底思えない。

民主主義の基本は多数決の前に、何よりも議論を尽くすことなのだから。

はじめちゃんのいう【バチバチっ】ってやつです。

Batibati

■安倍の独走、マスコミも批判せず、の状況に対し、憲法学者の長谷川先生が水を差した。

そこから、反安保法案のうねりが生まれて今に至る。

新たな空気が醸成されつつあるわけです。

個人的には心地いい風なのだけど、これが行き過ぎるのもまたヤバい。

安倍がやっていることは、ある意味で正しく、ある意味で間違っている。

それを頭から否定する流れだからだ。

何よりも議論が必要で、安倍自体が議論を認めないからまたやっかいなんだけど、どちらに転んでも不幸な道に行きかねない。

今、唯一の光は総裁選をなんとか実施させようとしている野田聖子議員だろう。

公認はずしが怖くて何も言えない、議論をしようとしない先輩議員に業を煮やして立ち上がった正義感。

義を見てせざるは勇無きなり!!

という彼女の心意気が清々しい。

 

ともあれ、ガッチャマンクラウズ、タイムリー過ぎでしょ!!

                       <2015.09.06 記>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

■五輪エンブレム盗作問題。

やっぱり、ダメでしたね。エンブレム。

5rin_emblem2_2

オリジナルは↓。
5rin_emblem_motoneta
単純な幾何模様でフォントを作るのは、べつにめずらしくないけど、ここまで同じだとさすがにアウトだよね。。。。
このオリジナルは背景のモノクロ写真も含めた配色がデザインとしてのキモだとおもうんだけど、佐野氏は、ちゃんとそこまで踏襲。アレンジとして変更した赤丸(日の丸?)が、完全にオリジナルの品の良さを壊していて、そのあたり佐野研二郎氏のセンスの無さが忍ばれます。
 
このデザインが発表されたときに、早速出回った画像がこれ。
いやー、秀逸。センスいいね!このデザインを見たときの気持ちが伝わってきます。
それにしても、これの作者は予言者か??
ああ、東京五輪、もうダメポ orz
5rin_emblem_orz
                               <2015.09.03記>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »