« ■【映画評】『ドリームキャッチャー』。愛おしい、愛おしい、純粋無垢の魂。善が生きにくい時代に。 | トップページ | ■【書評】『無業社会』働くことができない若者たちの未来。工藤啓、西田亮介。今、日本に必要な価値観とは。 »

2015年5月18日 (月)

■【映画評】『セッション』。ラスト9分に行ってはいけない世界を垣間見る。

圧倒的9分間に一切の思考は停止し、ただただ打ち震えたのである。

●●● 名画座 『キネマ電気羊』 ●●●
    
No.77  『セッション』
           原題: Whiplash
          監督: デミアン・チャゼル 公開:2015年4月
       出演: マイルズ・テラー J・K・シモンズ 他

Photo

■ストーリー■
アメリカで最高の音楽学校、シャッファー音楽学校へと進学したドラムス奏者のアンドリュー・ネイマンは、その才能と姿勢に目を止められ、最高の指揮者として名高いテレンス・フレッチャーのスタジオ・バンドに参加することとなる。だが、そこは専制的なフレッシャーによる地獄のスパルタ教室だったのだ。

■フレッシャーは言う。

「カウント・ベイシーのバンドでチャーリー・パーカーがミスをしたとき、ドラマーのジョー・ジョーンズがパーカーの頭にシンバルを投げつけた。」

この時の屈辱をバネにチャーリー・パーカーは己の限界を超えるような特訓をし、その才能を開花させたのだ。

アメリカには最悪の言葉がある。それは、「Good Job !」だ。

そんな生ぬるい馴れ合いの言葉からは、チャーリー・パーカーは生まれないのだと。

■このフレッシャーの考え方は、現在のコーチング理論の対極に位置するものだろう。それ故に、この映画に対する反発はあるのだし、最大限に評価するひとも、このフレッシャーの立ち位置を狂気と捉えこそすれ、受け入れる者は少数だろう。

だがしかし、広くプロフェッショナルというものを考えたとき、私はそこに強い共感を覚えてしまうのである。

仕事を楽しもう、なんて10年早い。

プラクティス!プラクティス!プラクティス!

血みどろになりながら実践で鍛え上げることで、実力は積上がっていく。胃を痛め、あまりの屈辱に人前で涙を流す。そうやって土台を固めることによって、揺るぎない自信と能力を手にすることが出来るのだ。

Photo_2

■だが、そのやり方は、脱落していく者を突き放す手法でもある。

事実、その思考の中で育ち、一応の自信と実力を手にしたと思い込んだ私自身、さらに自らの能力を超えようとあがく中で心を病み、ドロップアウトを味わった。

しかし、今でもなお、そのやり方が間違っていたとは思えない。おままごとのような甘っちょろい考えには虫唾が走る。

フレッシャーの、そしてそれを乗り越えようとするネイマンとまったく同じ思考形態なのだ。

それが良いことだとは決して思わない。

人をつぶし、人としてのこころを奪う、この思考が正しいとは思わない。

己を苦しめたものの正体を正当化するつもりもない。

その一方で、心をゆるめることで、余計な緊張が抜け、実力を発揮しやすくなるのも体感しており、多少は理解しているのではないかとも思う。

■音楽という文字は、音を楽しむと書く。

この映画の公開前に、ブログで激しい批判を行い世間を騒がせたジャズ・ミュージシャンの菊地成孔の論点もそこにある。

ジャズになっていない、ドラムスを根本的に間違えている。

彼は、表層的なことを言っているのではなく、要するにそこに音楽を楽しむ姿勢、愛がない。といっているのだ。

だから音楽を愛する者として、そんな映画が高く評価され、受賞する。それが耐えきれなかったのだ。

それでもなお、この道にはパワーがある。その危険が分かっているからこその激しい批判なのだ。

Whiplash1

   
■■■ 以下、ネタバレ注意 ■■■

■やっと手に入れたメインドラムの地位を奪われたくない焦る気持ちのせいでコンペティションに向かう道で事故に会い、重傷を負いながらスティックを握るも演奏できず、そのやりどころのない怒りを暴力というカタチでフレッシャーにぶつけたことですべてを失うネイマン。

一方、ネイマンの証言により、大学から追い出されてしまうフレッシャー。

その因縁はフレッシャーが仕組んだJVC音楽祭での罠によって爆発する。

■楽譜なしで新曲を叩かせられるという屈辱に対し、ネイマンはバンドの乗っ取り行為で逆襲する。

ラスト9分の始まりだ。

このシーンを「2人は音楽によって救われた」とする町山智浩はいかにも甘い。

確かに、フレッシャーはネイマンの「怒り」の言葉を受け止め、再び指導者として弟子の前に立つ。暴走する弟子をなだめ、フィニッシュに導く。そこには今まで築くことのできなかった絆が生まれている。

Photo_3

■だがしかし、あの圧倒的な怒涛の9分は一体なんだったのか。

言葉にすることを拒絶する、あの体験が、音楽という枠に留まるとは思えない。それは、もっと空恐ろしいものである。

間違っていると分かっていながらも引き寄せられてしまう、現実から遊離した狂気の道である。

よし、こいこい!と手招きするフレッシャーは、言わば恍惚の死(タナトス)の世界へ若者をいざなう悪魔だ。

ネイマンを通じてそこから脱出しようとしたデミアン・チャゼルがたどり着いた先は、結局、同じ道のさらに先の世界だったのだ。

このカタルシスは極めて危険な香りがする。

だから魅力的なのだ。

                       <2015.05.18 記>

Wiplash2

■STAFF■
監督 デミアン・チャゼル
脚本 デミアン・チャゼル
製作 ジェイソン・ブラム
ヘレン・エスタブルック
ミシェル・リトヴァク
デヴィッド・ランカスター
製作総指揮 ジェイソン・ライトマン
コウパー・サミュエルソン
ゲイリー・マイケル・ウォルターズ
音楽 ジャスティン・ヒューウィッツ
撮影 シャロン・メール
編集 トム・クロス

■CAST■
マイルズ・テラー - アンドリュー・ネイマン
J・K・シモンズ - テレンス・フレッチャー
ポール・ライザー - ジム・ネイマン
メリッサ・ブノワ - ニコル
オースティン・ストウェル - ライアン

●●● もくじ 名画座 『キネマ電気羊』 ●●●

*********************************************

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

|

« ■【映画評】『ドリームキャッチャー』。愛おしい、愛おしい、純粋無垢の魂。善が生きにくい時代に。 | トップページ | ■【書評】『無業社会』働くことができない若者たちの未来。工藤啓、西田亮介。今、日本に必要な価値観とは。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/61605985

この記事へのトラックバック一覧です: ■【映画評】『セッション』。ラスト9分に行ってはいけない世界を垣間見る。:

« ■【映画評】『ドリームキャッチャー』。愛おしい、愛おしい、純粋無垢の魂。善が生きにくい時代に。 | トップページ | ■【書評】『無業社会』働くことができない若者たちの未来。工藤啓、西田亮介。今、日本に必要な価値観とは。 »