« ■【映画評】『サンタ・サングレ/聖なる血』。心を揺さぶる魂の解放。 | トップページ | ■【映画評】『未来惑星ザルドス』。幸せの在り処。 »

2013年1月28日 (月)

■【映画評】『レ・ミゼラブル』。歌の力。

レ・ミゼラブルといえば帝劇のミュージカルで寝てしまった前科があって、少し苦手かな、と思ったのだけれども、今回はその迫力に圧されて寝るどころではありませんでした、エポニーヌの話のあたり以外・・・、って結局寝てるんじゃないか。

●●● 名画座 『キネマ電気羊』 ●●●
    
No.65  『レ・ミゼラブル』
           原題: Les Misérables
          監督: トム・フーパー 公開:2012年12月
       出演: ヒュー・ジャックマン  ラッセル・クロウ  アン・ハサウェイ 他

Photo

■ストーリー■
パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャンは仮釈放になるも、社会に身を置くところがない。ある日、一夜の宿を提供してくれた教会からこともあろうか銀の食器を盗み出す。けれど教会の司祭は、その罪を許すどころかさらに銀の燭台をも差し出すのであった。

ジャン・バルジャンはそこで自らの行為を悔い、その名を捨てて新たな人生を歩むことを決める。

8年の年月が流れ、ジャン・バルジャンは工場長兼市長にまで登りつめるのだが、仮釈放のまま姿を消したジャン・バルジャンを執拗に追い続けてきた警察官のジャベールにその正体を見破られてしまう。

けれどもジャン・バルジャンには、その不幸を救うことのできなかった元工員のファンテーヌの娘、コゼットを守り、育てるという使命があった・・・。

Photo_5

■映画は出だしが肝要だと思うのだけれども、この映画のファーストシーンの迫力は凄かった。

囚人たちが巨大な船をドックに引っ張り込むべく綱を引く。

容赦なく彼らに襲い掛かる波しぶき。

それをものともしない「囚人の歌」(Look Down)の大合唱。

このスケール感は映画ならではのものであり、ああ成功だな、とその時点で確信した。

Photo_6

■そして、仮釈放、教会の場面、新しい人間として生まれ変わる決意のシーンと続くわけなのだが、重要なのはセリフが一切ない、というところ。この映画では、すべてが歌によって進行していく。

ミュージカル映画というのは普通の劇映画の中で突然、役者が歌いだす、というのが私のイメージだったのだが、これは凄い。

しかも、アフレコではなく、撮影の場面での生音源なのだという。

歌、というものの持つ力をまざまざと見せつけられた。

余計なものがすべてそぎ落とされ、役者の表情と歌声がそのまま迫ってくる。

■中でもコゼットの母、ファンテーヌが堕ちていく場面が秀逸。

長く美しい髪を切られ、奥歯を抜かれ、娼婦へと身を落とす。

そして、そっと始まる、「夢やぶれて」(I Dreamed a Dream)。

言葉に表わすことのできない、すべてがそこに凝縮されている。

いや、実にいい。アン・ハサウェイに拍手!!なのである。

Photo

■158分、この調子で進んでいく。

ジャベールとの対峙。コゼットとの出会い。

途中、すこしダレるところもあったのだけれど、学生運動家たちと軍隊が衝突するあたりでテンションは一気にあがる。

ここでガヴローシュを演じた子役がいい味を出している。

立ち上がる市民があまりにも少ないことに意気消沈している学生たちに向け、「民衆の歌」(The People's Song)を歌い始める場面。

笑顔のまま弾薬を取りにバリケードの前に出て撃たれる場面。

そして、騒乱の後、並んだ遺体のなかで一際小さなガヴローシュの姿。ジャベールでなくとも勲章をささげたい気分にさせる。

Photo_3

■ここで、ジャベールについても語らねばなるまい。

まっすぐに生きることを歌い上げるジャン・バルジャンの分かりやすさに比べ、ジャベールは非常に解りにくい。

法がすべて、という価値観といわれてもなかなかピンとこないのである。

ここが、すべてをあいまいにやり過ごそうとする日本人の限界なのか。

スパイとして学生たちに囚われた身をジャン・バルジャンに救われ、彼の中で葛藤が生じる。

そして自死。

何も死ぬことは無かろうに。

彼らにとって実存、というのはかくも重たいものなのか。

一神教の神を持たない我々にはなかなか理解しがたいものなのである。

■そして、ラスト。

コゼットを無事に嫁にやり、隠居の身のジャン・バルジャン。

やがて天国からファンテーヌが迎えにやってくる。

マリウスとコゼットに看取られながら永い眠りにつく。

目を閉じれば、死んでいった者たちが次々と現れ、立ち上がり、「民衆の歌」を高らかに歌い上げる。

それは単なる革命歌ではなく、生きること、死ぬこと、その美しさを力強くたたえる歌なのである。

歌の力、改めて噛み締めました。

Photo_7

                         <2013.01.27記>

Saund_truck
■ レ・ミゼラブル~サウンドトラック

 

Photo_8

■STAFF■
監督 : トム・フーパー
脚本 : ウィリアム・ニコルソン
      アラン・ブーブリル
       クロード・ミシェル・シェーンベルク
       ハーバート・クレッツマー
原作 : ヴィクトル・ユゴー
音楽 : クロード・ミシェル・シェーンベルク
撮影 : ダニー・コーエン
編集  : クリス・ディケンズ
     メラニー・アン・オリヴァー


■CAST■
ジャン・バルジャン : ヒュー・ジャックマン
司教         : コルム・ウィルキンソン
ジャベール     : ラッセル・クロウ
ファンテーヌ    : アン・ハサウェイ
コゼット       : アマンダ・サイフリッド
      幼少期 : イザベル・アレン
マリウス・ポンメルシー : エディ・レッドメイン
エポニーヌ     : サマンサ・バークス
ガヴローシュ    : ダニエル・ハトルストーン

●●● もくじ 名画座 『キネマ電気羊』 ●●●

 

|

« ■【映画評】『サンタ・サングレ/聖なる血』。心を揺さぶる魂の解放。 | トップページ | ■【映画評】『未来惑星ザルドス』。幸せの在り処。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/56640762

この記事へのトラックバック一覧です: ■【映画評】『レ・ミゼラブル』。歌の力。:

« ■【映画評】『サンタ・サングレ/聖なる血』。心を揺さぶる魂の解放。 | トップページ | ■【映画評】『未来惑星ザルドス』。幸せの在り処。 »