« ■ハワイの小鳩。 | トップページ | ■【映画評】『妖怪ハンター ヒルコ / HIRUKO THE GOBLIN』。原作世界を吹っ切ったとき、作品は輝き始める。 »

2012年7月29日 (日)

■【映画評】『鉄男』。濃密な塚本晋也ワールドを堪能する。

日本を代表するカルト映画である。

●●● 名画座 『キネマ電気羊』 ●●●
    
No.53  『鉄男
           監督: 塚本晋也 公開:1989年7月
       出演: 田口トモロヲ   塚本晋也 他

Dvd_2 鉄男 [DVD]

■ストーリー■
男は、ある朝、自分の頬から金属が生えているのを見つける。平凡であったはずの日常は、そこから崩れ始め、加速する。そして次第に金属に蝕まれていく男の前に’やつ’が現れる。

Tetsuo

■ストーリーを追う作品ではない。

あるのは肉体を侵食する金属のイメージだ。

肉体から溢れ出る金属の増殖と、ストップモーションを切り貼りした’高速移動’。そのエネルギーとスピードがこの映画の骨であり、それ以外をそぎ落とすことによって映画として成立している。

67分という時間は決して短くはない。その濃密さがこの作品の命なのである。

■「鉄男」を「鉄雄」と読み替えるまでもなく、大友克洋の「AKIRA(アキラ)」を彷彿とさせる作品である。だが、変異という一点に集中した濃密さ、という点で大きく一歩を踏み出している。

「鉄雄」の変異との類似は確かにあるが、大友克洋のそれは肥大していくそれであり、屑鉄の塊に収束していく濃密なイメージを繰り返し提示していく「鉄男」の変異とはベクトルが違う。

そこのことによって塚本晋也のワールドは独自のものであると断言できるであろう。

Tetsuo_2

■その一方で、諸星大二郎の「生物都市」(1978)との類似性は否定できないだろう。ラスト場面で鉄雄と一体化した’やつ’は世界を鉄で埋め尽くすことを宣言する。

金属と肉体の有機的結合。

「生物都市」でのそれは朽ちることのないユートピアであったが、塚本晋也のそれは錆びて朽ちていくデストピアだ。

イメージの根源は「生物都市」からのものかもしれないが、そこから引き出される哲学が大きく異なる。

諸星大二郎の世界には無かった暴力とセックス。

それがこの作品の駆動力だ。

Tetsuo_3

■匂い立つ若さがこの映画にはある。

ストーリーというものを笑い飛ばし、類似性を吹き飛ばす若いエネルギーがこの映画にはある。

「鉄男」がカルト映画として未だに語り継がれている理由はそこにあるのだ。

                         <2012.07.29 記>

■STAFF■
監督:塚本晋也
脚本:塚本晋也
音楽:石川忠
撮影:藤原京 塚本晋也
編集:塚本晋也



■CAST ■
男:田口トモロヲ
やつ:塚本晋也
女:藤原京
眼鏡の女:叶岡伸
医者:六平直政
謎の浮浪者:石橋蓮司

 

Dvd_2
鉄男Ⅱ~TETSUOⅡ THE BODY HAMMER [DVD]

■3年後に撮られた第2弾。キャストは同じであるが、前作との関連は無い。家庭を持つ平凡なサラリーマンが怒りによって人間兵器へと変異していく姿を描く。

ストーリー性を持たせたかったのは分かるけれども乗り切れない。この世界観に理屈は不要ということか。ちょっと残念な作品。

 

●●● もくじ 名画座 『キネマ電気羊』 ●●●

 

|

« ■ハワイの小鳩。 | トップページ | ■【映画評】『妖怪ハンター ヒルコ / HIRUKO THE GOBLIN』。原作世界を吹っ切ったとき、作品は輝き始める。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/55302010

この記事へのトラックバック一覧です: ■【映画評】『鉄男』。濃密な塚本晋也ワールドを堪能する。:

« ■ハワイの小鳩。 | トップページ | ■【映画評】『妖怪ハンター ヒルコ / HIRUKO THE GOBLIN』。原作世界を吹っ切ったとき、作品は輝き始める。 »