« ■『みなし児のバラード』に思う、新しいつながりのカタチ。 | トップページ | ■【映画評】僕の彼女はサイボーグ。視点の転換にググっとくるのだ。 »

2011年1月29日 (土)

■【書評】『超人ロック ニルヴァーナ』、聖 悠紀 。千年の孤独と永遠の希望。

40年以上の年月をかけて語られ続ける超人ロックシリーズのひとつの区切りといえる作品である。

Photo_3 ■超人ロック ニルヴァーナ (1)

■人類が宇宙に進出してから(もしかするとその以前から)1000年以上を生き続け、苦悩に苛まれつつも、人類の危機を幾度も救ってきた超能力者、それが超人ロック。

帝国の残した「時間庫」の反応を追う超人ロックに襲い掛かる謎の組織。その背後には戦うロックの映像を隠し撮りするVRキューブ作家グラフ・ラヴェンドラがいた。その目的は何か。そして彼の言う「『ニルヴァーナ』のために」というのはどういう意味なのか?

■超人ロックの作品群は大きく分けて3つに分けられる。

初期の同人誌時代の作品、少年キング連載時代の作品、そして掲載の場所を転々としながら発表されてきた最近の作品。

キングより後の作品群は、そこそこ面白いのだけれども、読後、あまり印象に残らない。話は壮大だったりするのだけれども、どうも味が薄い印象なのだ。

やはり、超人ロックの中核はキング連載時代の作品群なのだろう。

最近の作品の中でこの「ニルヴァーナ」が群を抜いて面白く思えるのは、キング時代の作品群の総括をしているという、その点にある。

■1000年以上をひとりで生き続ける孤独感。超能力者という「異者」であるが故に抱かざるを得ない疎外感。そこが本来の超人ロックのテーマなのであると思う。

近年の作品が軽く思えるのは、「社会」に認められてしまった、「バケモノ」では無くなってしまったことによって、そのテーマが少し薄まってきてしまったことによるのではないか。

その点、この「ニルヴァーナ」はそのテーマに真正面から向き合っている。

だから、味わい深いのだ。

 

■■■以下、ネタバレ■■■

■物語の展開もいい。

謎が幾重にも張り巡らされていて、少しずつ提示される手がかりに読む者はぐいぐいと引っ張られていく。

「ニルヴァーナ」、カムジン、ジオイド弾。

そして汎銀河戦争再来の予兆。

事態はあれよという間に、どんどん拡大していく。

超人ロックとしては長編の部類にはいる4巻を一気に読ませる聖 悠紀の力量は衰えを知らない。

■その本筋の一方で、中盤で語られるタナトスたち「カムジン」の超能力者たちとロックの戦いも魅力だ。

殺された仲間の復讐に燃え、バケモノのように強いロックを協力しながら追い詰めていく。

いつの間にやらタナトスたちの方に感情移入している自分に気が付く。そしてセカンドフェーズ発動。

心ならずもロックは彼らを消し去ってしまう。

彼の存在自体が脅威なのだ。

それを改めて提示することが、終盤のロックの苦悩につながっていく。

■カムジンの罠にはまり、「ニルヴァーナ」を体験するロックは自らの心の中の闇と向き合うことになる。

自分が生きていく限り、そこに破壊と死が絶えることはない。

その罪悪感。

「千の目のポロ」が突いたロックの弱み。

■だが、それでもなお、ロックは人々とともに生きていくことを望む。

世界が緩やかな死に向かっているのは事実だとしても、諦めなければ必ず道は開ける。自分が破壊と死を呼ぶ怪物だとしても、やれることは必ずある。

暗示が解けてもなお「世界の再生」が必要だと信じるドレイク提督をして、その心を変えさせたもの。

それは苦悩するロックを信じ、決してあきらめることのなかったヤマキ長官やナガトたちの姿であって、それによって支えられて生きてきたロックの1000年そのものである。

読むものはそこで、今までの超人ロックの物語が走馬灯のようによみがえるわけで、この「ニルヴァーナ」が記念碑的作品であるという理由はそこにある。

                          <2011.01.29 記>

Photo_4

■超人ロックに初めて出会ったのは、1978年刊の「超人ロック 新世界戦隊(ペーパームーン・コミックス アキラ・ミオ大漂流 併載)」。

10歳の頃です。

その世界観と絵のキレイさに嵌って、何度も読み返しましたな~。

    

Photo_5 ■超人ロック ニルヴァーナ (2)
■Eバスター、そしてニケ・・・うーん、たまりません。

Photo_6 ■超人ロック ニルヴァーナ (3)
■ついにジオイド弾が・・・・。

Photo_7 ■超人ロック ニルヴァーナ (4)
■カムジンとは何者だったのか。

Photo_2 ■超人ロック 完全版 (01) 炎の虎
■復刊された少年キング連載版です。

|

« ■『みなし児のバラード』に思う、新しいつながりのカタチ。 | トップページ | ■【映画評】僕の彼女はサイボーグ。視点の転換にググっとくるのだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/50703091

この記事へのトラックバック一覧です: ■【書評】『超人ロック ニルヴァーナ』、聖 悠紀 。千年の孤独と永遠の希望。:

« ■『みなし児のバラード』に思う、新しいつながりのカタチ。 | トップページ | ■【映画評】僕の彼女はサイボーグ。視点の転換にググっとくるのだ。 »