« 【映画評】SPACE BATTLESHIP ヤマト。物語のまとまりと、そのために切り捨てたものの代償。 | トップページ | ■【書評】『超人ロック ニルヴァーナ』、聖 悠紀 。千年の孤独と永遠の希望。 »

2011年1月12日 (水)

■『みなし児のバラード』に思う、新しいつながりのカタチ。

■『伊達直人』を名乗る者から児童養護施設の子供たちに宛ててランドセルが送られた。

なんとも粋で心温まるニュースだな、なんて思っていたら、あれよという間に日本各地に『伊達直人』が現れ、まだまだ拡大していく勢いだ。

一部ではタイガーマスク運動なんて呼ばれ始めているようだ。

景気低迷が続く中だからこそ、この善意の人たちの連鎖が沁みる。

■タイガーマスクといえば施設の子供たちへの想いを歌ったエンディング・テーマが心に浮かんでくる。

 

♪ああ、だけど

そんな僕でも

あの子らは慕ってくれる

それだからみんなの幸せ祈るのさ

【YouTube】みなし児のバラード

 

いい歌だ。

子供たちはみんな幸せであって欲しい。

恵まれて育った自分であっても、子の親になってしみじみそう思う。

■老人の孤独死などがあって「無縁社会」といわれている今の日本だが、『伊達直人』たちに共感する人がいて、それを行動に移す人がいる。

これは新しい『つながり』のカタチなのかもしれない。

それだけのエネルギーを感じさせる今回の動きなのである。

まだまだ日本も捨てたもんじゃない。

実にエキサイティングだ。

                        <2011.01.12記>

|

« 【映画評】SPACE BATTLESHIP ヤマト。物語のまとまりと、そのために切り捨てたものの代償。 | トップページ | ■【書評】『超人ロック ニルヴァーナ』、聖 悠紀 。千年の孤独と永遠の希望。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/50562100

この記事へのトラックバック一覧です: ■『みなし児のバラード』に思う、新しいつながりのカタチ。:

« 【映画評】SPACE BATTLESHIP ヤマト。物語のまとまりと、そのために切り捨てたものの代償。 | トップページ | ■【書評】『超人ロック ニルヴァーナ』、聖 悠紀 。千年の孤独と永遠の希望。 »