« ■【書評】『ヒトはどうして死ぬのか ―死の遺伝子の謎』、田沼靖一。死を通して見えてくる新たなる進化のカタチ。 | トップページ | ■ドガ展。切り取られた「一瞬」に込められた我々の認知の広がり。 »

2010年9月23日 (木)

■【書評】『これからの「正義」の話をしよう ―いまを生き延びるための哲学』、マイケル・サンデル。失われてしまった「安心して信じることが出来るもの」の恢復への糸口。

NHK教育で評判の高かったという「ハーバード白熱教室」の書籍版。なかなか、そそるタイトルである。

Photo

■これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

■1人殺せば5人が助かる状況があるとしたら、あなたはその1人を殺すべきなのか?代理出産や臓器の売買は正しいことなのか?我々は親の世代の罪について償う義務があるのだろうか?

これらの問題に対処する考え方は3つある、とサンデル先生はいう。

それは、幸福、自由、美徳、である。

■幸福が最大化された状況を「正しい」とするのがベンサムの功利主義。倫理の教科書で「最大多数の最大幸福」と習ったあれである。

ここでは福祉という視点で正しさを考える。

一方、自由を正義の物差しにするのが自由至上主義(リバタリアン)。

自由な市場が公正な富の配分を生み出すという考えで、国家の役割りは小さく、個人の自由が優先される。

そして、公正さを美徳、道徳で量るのが第三の考え方で、サンデル先生の意見もこの辺りにありそうだ。

■だが、美徳、道徳というものは相対的なものであって、正しさ、とは相いれないのではないか。

そこに登場するのがイマヌエル・カントであり、ジョン・ロールズである。

カントは理性による自律的な自己、ロールズは無知のベールで相対的な価値観を拒絶する。

それは絶対的な「正しさ」を求める試みである。

そしてその考えは「リベラル」という政治的姿勢へとつながっていく。

けれども人間の問題は結局のところ、国家なり、組織なり、家族なりのしがらみの中から生じてくるもので、相対的価値観のぶつかり合いを避けていては正義は語れないだろう、というのがサンデル先生の立場だ。(と思う、たぶん)

■今の時代、我々は「正義」を諦めてしまっているのではないか。

世の中は相対的なもので「正しい」ことなんて無いんだと、9.11以降の世界に生きてしまっているのではないか。

だからこそ、改めて道徳、正しさについて語り合い、議論することが必要なのだと思う。

それは、失われてしまった「安心して信じることが出来るもの」の恢復への糸口であるのだろう。

   

だが、道徳の不一致に対する公的な関与、道徳に関与する政治、というサンデル先生のイメージには賛成できない。

やっぱり怖いのだ、直感的に。

     

●にほんブログ村●
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

                           <2010.09.23 記>

■これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

  

■ハーバード白熱教室 講義一覧

  

■過去記事■
■【書評】ひつじの本棚 <バックナンバー>
 

*********************************************

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

|

« ■【書評】『ヒトはどうして死ぬのか ―死の遺伝子の謎』、田沼靖一。死を通して見えてくる新たなる進化のカタチ。 | トップページ | ■ドガ展。切り取られた「一瞬」に込められた我々の認知の広がり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/49506241

この記事へのトラックバック一覧です: ■【書評】『これからの「正義」の話をしよう ―いまを生き延びるための哲学』、マイケル・サンデル。失われてしまった「安心して信じることが出来るもの」の恢復への糸口。:

« ■【書評】『ヒトはどうして死ぬのか ―死の遺伝子の謎』、田沼靖一。死を通して見えてくる新たなる進化のカタチ。 | トップページ | ■ドガ展。切り取られた「一瞬」に込められた我々の認知の広がり。 »