« ■混迷の次期主力戦闘機、F-X。一体、いつまで引っ張るつもり? | トップページ | ■【書評】『ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座』、井沢元彦。理解しようとする思いは世界をつなぐのか。 »

2010年9月 1日 (水)

■【書評】『身近な雑草のゆかいな生き方』、稲垣栄洋。わき見をする人生の豊かさ。

50種の雑草についての学術的エッセイ。

図鑑とはまた違った楽しさのある本である。

Photo ■身近な雑草のゆかいな生き方

■朝、足早やに駅へと急ぐその視線はまっすぐで、

その視界の外に広がる豊かな世界には一瞥もくれない。

その余裕もない。

けれど、仕事に急ぎすぎて体と心を壊してしまい、それからしばらくして、その美しい道端の小宇宙に気づくようになった。

■その小さな花の可憐なことと言ったらない。

ハコベに、オオイヌノフグリに、ホトケノザ。

ハゼラン、ハナイバナ、キュウリグサなんて極小のものもある。

雑草の名前を知ったところで何か御利益があるわけではないのだが、なんだか、少し人生が豊かになった気がするのは事実だと思う。

■それは、花に触れ、図鑑で名前を調べるという行為の積み重ねによって、少しずつ出来上がってくるものである。

けれども、それだけだとなんとなく何かもの足りない。

深み、というか、背景というか。

そこでこの本である。

■雑草50種、それぞれの雑草の生き様が、短く切れのいい文章でつづられている。

単なる学術解説ではないのである。

そこには小さな名もなき雑草の人生が語られているのである。

こういう本が欲しかった。

細密な挿絵も良くって、ぱらぱらとページをめくるだけでも楽しめる。カラーではないのが残念だけれど、色彩を想像するのもまた良しか。

                       <2010.09.01記>

  
■■■ 花の写真 ■■■  
↑カテゴリー・【花の写真】へのリンクです。

■過去記事■
■【書評】ひつじの本棚 <バックナンバー>
 

*********************************************

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

|

« ■混迷の次期主力戦闘機、F-X。一体、いつまで引っ張るつもり? | トップページ | ■【書評】『ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座』、井沢元彦。理解しようとする思いは世界をつなぐのか。 »

コメント

素敵ですね。

投稿: 福ちゃん | 2010年9月 3日 (金) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/49308363

この記事へのトラックバック一覧です: ■【書評】『身近な雑草のゆかいな生き方』、稲垣栄洋。わき見をする人生の豊かさ。:

« ■混迷の次期主力戦闘機、F-X。一体、いつまで引っ張るつもり? | トップページ | ■【書評】『ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座』、井沢元彦。理解しようとする思いは世界をつなぐのか。 »