« ■15453粒の砂山。 | トップページ | ■【書評】『 夕凪の街 桜の国 』 こうの史代。普通な、あまりに普通な幸せに。 »

2010年8月 5日 (木)

■【書評】 『 子供の「脳」は肌にある 』 山口創。私とあなたの境界線。

肌は、体の内部と外部を隔てていると同時に、自我というものの内部と外部をも隔てている。

その「自」と「他」とが触れ合う場所、そこが肌なのである。

Photo_2
■ 子供の「脳」は肌にある 山口創 (光文社新書)

■著者は、思いやりのある人間に育つのために大切なのは幼児期のスキンシップである、と説く。

十分なスキンシップは安心感を生み、自らが「受け入れられている」と感じることで、健全な自我が育つ。

その自尊感情が、他者を尊重する心を育て、共感能力を育む。

■まったく、その通りだと思う。

幼児教育もいいけれど、そのまえに、しっかりと抱きしめてあげること。

その大切さは、子を持つ親ならばしみじみと分かるだろう。

そして、その効果は子供にとって重要なのと同じくらいに親自身にも大切で、親が子をいつくしむ感情も、そのふれあいによって倍化されるのだ。

■秋葉原無差別殺傷事件を起こした加藤被告は、母親からの愛情を受けることなく育ったと供述しているが、想像するに、そこには「安心」を生む肌の触れ合いは極めて希薄で、それ故に自らを尊重し、他者を受け入れ思いやる、そういう感情が育たなかったのだろう。

程度の差こそあれ、私自身も自尊感情が希薄な方で、それ故に他者とのコミュニケーションが未だに苦手なのである。

きっと、そういう「不安」を抱えて生きている人は日本中にごまんといるだろう。

■だが、あきらめてはいけない。

大人であっても、ふれあいによる癒しはあるのだ。

欧米人のように、いきなりハグというわけにはいかないけれど、ポン、と肩をたたくくらいのことは出来るかもしれない。

そうすれば、きっと明日からのコミュニケーションは劇的に変わるだろう。

ポン、と肩をたたく、たたかれる感覚が、「私」と「あなた」のあいだにそびえる壁の高さを下げるに違いないからだ。

でも・・・、

やっぱムリかな、柄じゃないし。

                        <2010.08.05記>

|

« ■15453粒の砂山。 | トップページ | ■【書評】『 夕凪の街 桜の国 』 こうの史代。普通な、あまりに普通な幸せに。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/49071218

この記事へのトラックバック一覧です: ■【書評】 『 子供の「脳」は肌にある 』 山口創。私とあなたの境界線。:

» ■書評■ 子供の「脳」は肌にある [ビジネス書で「知」のトレーニングを! ~ 知磨き倶楽部]
この記事をtwitterへRTする 本書は子育てにおけるスキンシップの重要性を説く本であり、心理学などの豊富な臨床実験結果などを用いて重要性を科学的に示している。 欧米流の子育て本などを読むと「抱き癖がつくから抱っこは控えめに」だとか、「寝室は早くから別々に」などとい... [続きを読む]

受信: 2010年8月14日 (土) 22時54分

« ■15453粒の砂山。 | トップページ | ■【書評】『 夕凪の街 桜の国 』 こうの史代。普通な、あまりに普通な幸せに。 »