« ■ゴーギャン展、「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」をみる。 | トップページ | ■【書評】『夜と霧』、ヴィクトール・E・フランクル 著。苦境の中で生きていく為に必要とされるものとは。 »

2009年9月 3日 (木)

■こころのずっと奥底に響くもの。『爆笑問題のニッポンの教養』 音楽、坂本龍一。

今回のテーマは、音楽。

File083
■ 爆問学問『爆笑問題のニッポンの教養』(番組HPより)
FILE083:「台本のない音楽会」 2009.9.01放送
音楽、坂本龍一。

■母親が赤ん坊に「○○ちゃーん、ごはんでしゅよー」、

なんていう時には声の音程が上がっていて、あたかも音楽のよう。

実はそれは世界万国共通で、何万年か昔の人類において「音」と「ことば」が未分化だった時代の名残りだという説があるのだそうだ。

太田がサザンの歌のもつ力を坂本龍一さん伝えようとするのだけれども、どうしても分からないのは、彼の耳には歌詞が記号(音)として入ってくるらしく、どうやら’教授’は耳が赤ちゃんのまま育ったんじゃないかと太田にからかわれていたが、それもあながち的外れでもないのかもしれない。

■太田のいうようにメロディの上に言葉がのることで、ものすごく伝わる、なかなか伝えられないことも伝わってしまう、ということは確かにある。

けれどその一方で洋楽を聴くときって、英語が分からないものだから、歌詞もまた曲の一部としてとらえてしまって、邦楽を聴くときと脳のはたらく部分が違うような気がするのだ。

ジャズとかを聴くときと同じ脳なんだよな。

■邦楽は左脳、洋楽は右脳、

なんて単純じゃないんだろうけれど、赤ちゃんの話を聞くと、洋楽とかジャズとかは感情とかそういったこころ動きのさらにずっと深いところに入り込んでいくのだろうな、とうなづける。

けど、まあ、そんな理屈は最後の’戦メリ’生演奏の前にはまったく意味が無くって、ああ、やっぱり音楽っていいなあ、と、ろくに弾けないウクレレと戯れながら、しみじみ思うのである。
  

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

                        <2009.09.03 記>

■Amazon.co.jp■へのリンク

Photo 1996 坂本龍一
■6曲目に’Merry Christmas Mr.Lawrence’が入っています。
<視聴>では前奏の部分しか聴けないのが憎らしい(笑)。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

   
■過去記事■ [バックナンバー]の 一覧
■爆笑問題のニッポンの教養■

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Photo_2
■新書版 『爆笑問題のニッポンの教養』の既刊一覧へ■
        

■関連サイト■
■『爆笑問題のニッポンの教養』番組HP

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

|

« ■ゴーギャン展、「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」をみる。 | トップページ | ■【書評】『夜と霧』、ヴィクトール・E・フランクル 著。苦境の中で生きていく為に必要とされるものとは。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■こころのずっと奥底に響くもの。『爆笑問題のニッポンの教養』 音楽、坂本龍一。:

» 爆笑問題の田中裕二が離婚の真相とはこれだ! [レジェンドオブ最近のニュース]
爆笑問題の田中裕二が離婚したようだ。お笑いコンビ、爆笑問題の田中裕二(44)が10月2日に離婚届を提出していたことがわかったという。最初に杉並区役所に離婚届を提出したことを報告した爆笑問題の田中裕二は「2人で話し合いを続けてきた結果、離婚をす...... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 17時50分

« ■ゴーギャン展、「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」をみる。 | トップページ | ■【書評】『夜と霧』、ヴィクトール・E・フランクル 著。苦境の中で生きていく為に必要とされるものとは。 »