« ■土曜ドラマ「リミット―刑事の現場2」最終回。いいドラマ、というのはこういうものなのかもしれない。 | トップページ | ■彗星から発見されたアミノ酸と空想にふける夏。 »

2009年8月11日 (火)

■NHKスペシャル 「日本海軍 400時間の証言 第二回 特攻 やましき沈黙」。それは口で言うほどたやすいことではなく。

特攻隊のパイロットたちの話はよく取り上げられるけれども、それを命じる側の話は今まであまり明らかにされてこなかった。

この番組は当時の将校たちの組織「海軍反省会」の膨大な録音テープからその靄を晴らそうという試みである。

N

■特攻隊の創始者といえば1944年10月の航空特攻を命じた大西中将の名が挙がるのだけれども、それ以前から「桜花」とか「回天」とかいった、人間を誘導装置としてあつかう特攻兵器の開発が進められていた。

圧倒的不利な戦局を打開し、故郷に残した家族を守るためにこの身を捧げる。その意志の発露としての’特攻’とは全く別の次元で、戦争遂行の中枢である軍令部では冷徹な論理として「特攻」が計画されていたのだ。

01 人間魚雷「回天」
01_2
人間爆弾「桜花」

■戦争とは命を懸けて遂行するものである。

が、作戦とは目的を成し遂げた後に生きて帰る可能性をいくばくかでも残したものでなければならない。

従って、「特攻」は作戦ではない。

と、軍令部の元参謀はいう。

けれども、誰も「特攻」を止めることが出来なかった。

■過ちと分かりながら大勢、あるいは’空気’というものに飲み込まれてしまう。

番組は、それを「やましき沈黙」と呼んだ。

そして、それは過去の海軍の犯した過ちであるというだけでなく、今の我々にも突きつけられている課題なのだと結ぶのだ。

■確かにそうだ。

行き過ぎた自由化にしても、派遣の問題にしても、その問題が進行している時点では、どこかがおかしいと強く感じてはいても、人間というのはどうしても流されてしまう。

結局、それが過ちだと分かるのは事態が破綻を来たしたその後のことになる。

■しかしながら、番組の製作者が言うように我々は’大勢’とか’空気’というものに流されることなく、それに抗うことができるのだろうか。

特攻にしても現場の将校のなかで、その無謀さを批判し命令に攻しようとしたものもいるとう。

けれども、上官から国賊と罵られてしまってそれでおしまい。

その上官にしたって、心の中では’特攻’は無謀な作戦だと考えていたというに違いないのだ。

■この’大勢’とか’空気’とかいったものと戦うのは、口でいうほどたやすいものではないのだと思う。

もちろん問題提起としては重要だし、きっと本質をついている。

だからこそ、客観的な視点で’敵’の本質を見抜き、勝ち目のある作戦立案が必要なのだ。

たぶんそれは個人こじんが真剣に悩み考えるだけでなく、何らかの’支点’と’テコ’を見つけ出し、流れを変えていくことなのだろう。

今はまだ、そういう抽象的なことしか言えないのだけれども、常に考え、チャレンジしていくべき課題として胸に置いておこうと思う。
 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

                         <2009.08.11 記>

■Amazon.co.jp■へのリンク

Photo
■「空気」の研究 山本七平 著 文春文庫 1983/01
■「空気」とは何かについて思索を深める一冊。
もう一度読んでみようかなと思う。

*******************************************

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

|

« ■土曜ドラマ「リミット―刑事の現場2」最終回。いいドラマ、というのはこういうものなのかもしれない。 | トップページ | ■彗星から発見されたアミノ酸と空想にふける夏。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/45898434

この記事へのトラックバック一覧です: ■NHKスペシャル 「日本海軍 400時間の証言 第二回 特攻 やましき沈黙」。それは口で言うほどたやすいことではなく。:

» NHKスペシャル『日本海軍 400時間の証言』を観て感じたこと [子ソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ]
 2009年8月9日〜11日の3日にわたって放送されたNHKスペシャル『日本海軍 400時間の証言』  昭和55年から11年間、秘密裏に開かれていた「海軍反省会」の録音テープにより、開戦から敗戦後の海軍内部の実態を伝える番組構成で、色々と考えさせられました。 【 第一回 開戦 海軍あって国家なし 】  「大日本帝国海軍・軍令部」という組織にスポットを当てた第一回  『軍令部』とは海軍の作戦や軍備を企画する絶大な権力を持った組織で、エリート軍人がこれを運営していた。  で「海軍反省会... [続きを読む]

受信: 2009年8月12日 (水) 15時03分

« ■土曜ドラマ「リミット―刑事の現場2」最終回。いいドラマ、というのはこういうものなのかもしれない。 | トップページ | ■彗星から発見されたアミノ酸と空想にふける夏。 »