« ■ドラマ『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』。「現場」と「人間」は時代を超えて通用するか。 | トップページ | ■「生命」とは全体の動き、そのものなのだ。『爆笑問題のニッポンの教養』 複雑系科学、池上高志。 »

2009年6月23日 (火)

■「つらさ」にも意味がある。『爆笑問題のニッポンの教養』 障害学、福島 智。

今回のテーマは、障害学。

先生は全盲ろうの福島智さん。

File074
■ 爆問学問『爆笑問題のニッポンの教養』(番組HPより)
FILE074:「私は、ここに いる」 2009.6.9放送
東京大学先端科学技術研究センター教授 福島 智。

■スティービー・ワンダーやホーキング博士を引き合いに出し、ハンディキャップと引き換えに何かを手にしているのじゃないか、という太田の思いつきに対して、福島さんが語った
 

 選択が出来るから割と気楽に言えるんだろうけど

 そんな甘いもんじゃない、

 
という言葉が厳しく響いた。

■光もなく、音もなく。

声は出すことはできても、

それが相手に伝わったかどうか、

いや、その相手が目の前にいるのかどうかすら

わからない。

そういう’全盲ろう’の人が日本には2万人いるという。

■才能を開花させて光のなかで生きているひとはごく一握りで、

いや、その人たちを含めて

そこには’孤独’と’渇望’があるのだという。

そんな福島さんの、
 

 生きる意味はあるのか、

 
という問いにはなかなか答えられるものではない。

太田は、

楽しい時間があるから、

と答えた。

私は、

必要としてくれる人がいるから、

と思う。

たぶん太田の考え方の方が生きやすいのだろうな、

とも思う。

■けれども、そこで福島さんは「絶望」を意識する。

ナチスのユダヤ人収容所で生き延びたヴィクトール・E・フランクルの

 
 苦悩から意味が失われたとき、それは絶望になる、

 
という言葉に、自分と同じ考え方を見る。

■光も音もない肉体の牢獄のなかで、

苦悩が絶望に至らない皮一枚の差が

 
 そこに意味を見出すこと

  
なのである。

■つらさにも意味がある。

そう信じられるからこそ

生きていけるのだ。

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

                          <2009.06.23 記>

■Amazon.co.jp■へのリンク

Photo ■ 夜と霧 新版
ヴィクトール・E・フランクル 著 みすず書房; 新版版 (2002/11/6)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

   
■過去記事■ [バックナンバー]の 一覧
■爆笑問題のニッポンの教養■

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Photo_2
■新書版 『爆笑問題のニッポンの教養』の既刊一覧へ■
        

■関連サイト■
■『爆笑問題のニッポンの教養』番組HP

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

|

« ■ドラマ『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』。「現場」と「人間」は時代を超えて通用するか。 | トップページ | ■「生命」とは全体の動き、そのものなのだ。『爆笑問題のニッポンの教養』 複雑系科学、池上高志。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/45431618

この記事へのトラックバック一覧です: ■「つらさ」にも意味がある。『爆笑問題のニッポンの教養』 障害学、福島 智。:

« ■ドラマ『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』。「現場」と「人間」は時代を超えて通用するか。 | トップページ | ■「生命」とは全体の動き、そのものなのだ。『爆笑問題のニッポンの教養』 複雑系科学、池上高志。 »