« ■清々しい空。 | トップページ | ■大恐竜展 ―知られざる南半球の支配者―、上野 国立科学博物館。 »

2009年6月18日 (木)

■移りゆく季節。

6月に入って野草の顔ぶれが随分と変わってきた。

01
03
■ムシトリナデシコ(虫捕撫子) ナデシコ科マンテマ属

花期:5~6月 ヨーロッパ原産

とても野良とは思えないキレイな花。

花枝の付け根に粘液が出ていてアリなどを捕まえるところからその名が付いた。

と、いっても食虫植物ではなくてムシを寄せ付けないためのバリケードみたいなものらしい。

  
01_2
02_2
■コモチマンネングサ(子持万年草)

ベンケイソウ科キリンソウ族   花期: 5~6月 

いつの間にやらウワーっと増えていた。

色い繊細な花で、群生すると美しい。
   

02_5
01_3
■イヌタデ(犬蓼) タデ科タデ属

花期:6~10月

別名、あかまんま。

赤い粒々をご飯に見立てて昔の子供は遊んだらしい。
  

02
03_2
■グンバイナズナ(軍配なずな) アブラナ科グンバイナズナ属

花期:4~6月

花期は4月からというのだけれど、内の近所で咲き始めたのは今月に入ってから。

他の草に埋もれて見えなかったのかな。

名前の由来は花の近くの軍配状の葉っぱから。

根元の方の葉はまた違う形。

根っこの方から花枝が一度に拡がっていく特長的なカタチをしている。

・・・もしかしたら別の花なのかもしれない。(←自信なし)
  

Photo_2
■ゼニバアオイ(銭葉葵) アオイ科ゼニバアオイ属

花期:5~9月。

少し花のムラサキが強いのでもしかするとゼニアオイなのかもしれない。

でも草丈が随分と低いのでたぶんゼニバアオイなんでしょう。
   

01_6
02_7
■ネジバナ(捩花) ラン科ネジバナ属 別名:モジズリ

花期:5~8月。

この間、草刈りをしてたから今年は咲かないのかと諦めかけていたのだけれど、ここ1週間で一斉に咲き出しました。

野草のなかでもどことなくセクシーで好きな花なんだよね。

よかった、よかった。

03_4
■白に近い、淡い色の花もあります。
  

Photo_3
■捩じりの方向は一定じゃなくて、これは逆に巻いています。

一体どうやって巻く向きが決まるんでしょうかね。
   

Photo_4
■アカバナルリハコベ(赤花瑠璃繁縷)か?

サクラソウ科ルリハコベ属 花期:4~5月。

この朱色の花の素性がよく分からなくて、いろいろ調べたところ、これかなあと思えたのがアカバナルリハコベ。

おひさまがサンサンでないとちゃんと開花しないようで、そのへんも判定を難しくしてます。

花の時期も少し遅い気もするし、自信なし。

まあ、そのうち判るでしょう。(←イイカゲン、笑)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

                          <2009.06.18 記>

  
■■■ 花の写真 ■■■  
↑カテゴリー・【花の写真】へのリンクです。

|

« ■清々しい空。 | トップページ | ■大恐竜展 ―知られざる南半球の支配者―、上野 国立科学博物館。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/45375718

この記事へのトラックバック一覧です: ■移りゆく季節。:

« ■清々しい空。 | トップページ | ■大恐竜展 ―知られざる南半球の支配者―、上野 国立科学博物館。 »