« ■【書評】 第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい。実践の愚直な繰り返しが直観力を鍛えるのだ。 | トップページ | ■春の花、第3陣。 »

2009年5月 2日 (土)

■【書評】『野の花えほん 春と夏の花』、やわらかい雰囲気がいい味を出している。

知り合いに紹介されて早速購入。これはいい。

Photo ■野の花えほん 春と夏の花

ネットとか図鑑は写真なので分かりづらいところがあるのだが、解説付きのイラストだとその野草の特徴がすんなり頭に入ってくる。

名前の由来だとか、食べ方(!)だとかの野草の雑学も載っていて、眺めているだけで楽しめる本である。

全部で50ページに満たない本なのだけれどもツボはしっかり押さえているし、むしろそれが取っ付き易さにつながっているようにも思える。

絵本として子供といっしょに眺めるのもいいかもしれない。

野草好きの人にはお薦めの本である。

  

■過去記事■
■【書評】ひつじの本棚 <バックナンバー>
 

■■■ 花の写真 ■■■  
↑カテゴリー・【花の写真】へのリンクです。

|

« ■【書評】 第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい。実践の愚直な繰り返しが直観力を鍛えるのだ。 | トップページ | ■春の花、第3陣。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/44870126

この記事へのトラックバック一覧です: ■【書評】『野の花えほん 春と夏の花』、やわらかい雰囲気がいい味を出している。:

« ■【書評】 第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい。実践の愚直な繰り返しが直観力を鍛えるのだ。 | トップページ | ■春の花、第3陣。 »