« ■朝の畝(うね)。 | トップページ | ■【映画評】『容疑者Xの献身』。’生きる’ことは私には余りにも眩し過ぎて。 »

2009年5月21日 (木)

■3代目新型プリウス発売開始。’孤高’から’フツウ’への転換を象徴する215/45R17タイヤ。

満を持して3代目プリウスの登場である。

09
09_2

■ぱっと見て、プリウスと分かるたたずまい。それでいてまったく古さを感じさせない。

小憎らしいほどにブランドが確立しているからこその芸当であろう。

■ハイブリッドメカニズムの思想としては前型のTHSⅡから大きな変化は無いが、ユニットの小型化が図られて技術がそこに留まっていないことを静かに主張している。

メカニズム全体でいえば、太陽電池による夏場の室内温度上昇防止機構なんてキャッチーなところに目が行ってしまうのだけれども、やはりなにより出力の向上だ。

■エンジン排気量が1.5Lから1.8LにグレードUPして、最大トルクは110N・mから142N・mと3割ちかく向上、モーターの頑張り代に余裕を持たせている。

一見、それじゃ燃費が悪かろうという風に見えるけれども、重要なのはバランスなのだ。

電池の能力(出力・容量)に限界がある限り、モーターの出番が多いということは結局は充電しなければならない、つまりエンジンを回さねばならなくなるということで、ハイブリッド車は生まれながらにしてそういう矛盾を抱えているのである。もちろん、もの凄く高いレベルでの矛盾なのだが。

その結果として、モード燃費を前型の35.5km/lから実に7%も押し上げて(これは驚異的!)、38.0km/lにまで向上させることが出来たということだ。

■車両寸法では全長の+15mmが効いていそうだ。

ホイールベースは2700mmで変わらないから乗員配置は変わらない。(たぶん・・・)

Cd値は、後席に乗る人の頭の上のスペースを取りたい車両設計と、後方に向けてルーフを下げて行きたい空力設計のせめぎ合いなのだが、全長が伸びればその分’せめぎ合い代’が楽になって、結果、前型で気になった後席のアタマまわりのスペースを確保できたということだろう。

■その一方で全幅が20mmも拡がってる。

これは何かというとタイヤサイズのUPである。

今回の新型プリウスにおけるトヨタの意志が強く現れている、そこが重要なポイントなのじゃないかと思えるのだ。

■前型も2種類のタイヤを履いていて、標準タイヤが185/65R15、上級が195/55R16と1インチUP。

10・15モード燃費は、それぞれ35.5km/lと33.0km/l。

中途半端っちゃー、中途半端だけれども、うーんゴメンナサイ、16インチ履きたかったんデス、という可愛らしさがある。

■ところが今回の上級グレードは215/45R17!

扁平率45だってよ。転がり抵抗が無茶苦茶高そうじゃん!

燃費は、標準仕様(前型と同じ185/65R15)の38.5km/lに対して35.5km/lと前型の標準仕様と同じ。

きっとタイヤ屋さんを中心にして、汗をだらだらかきながら必死に頑張ったんだろう。お察しします。

■もともとプリウスって、儲からないけど歯を食いしばって新しいクルマを世に問うていくのだ!という強い’使命感’を感じるクルマであって、それが共感を呼び、Mクラスで一番台数が売れるクルマにまでなったのだ(※)。

そこに17インチタイヤを履かせて燃費を落とそうなんてのは今までの思想からすれば愚の骨頂。ではないだろうか。

※2009年3月登録実績 :プリウス6,000台、プレミオ3,500台、アリオン2,600台、シルフィ1,400台、インサイト4,100台。

■いや、今回のトヨタのその態度を批判しているのではない。

むしろ、感慨深いのである。

要は、フツウのプロジェクトのように、造形だとか営業だとかの声をいれて仕様を決めていく。

孤高の存在であったプリウスも’一般化’する時期にきたのだという感慨である。

■それでもインサイトの燃費30.0km/l(175/65R15)に対して+5.5km/lの余裕があるのだから、相変わらず敵はいない。

そういう意味では、未だ孤高の存在であるのだけれども、今回のプラットフォームはLクラスのものを使っているようで、トヨタの中で次々とハイブリッド軍団が出てきそうな予感がする(Mクラスではやっぱり商売は難しいということだろう)。

 
5年後くらいにはハイブリッド車が当たり前になっている、

 
きっと、そういうトヨタのヴィジョンがあって、今回の17インチがその象徴に思えてならないのである。

                             <2009.05.21 記>

■Amazon.co.jp■へのリンク

Photo
■新型プリウスのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)
   
   

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *    
   
モーターファン別冊 「新型車のすべて」 シリーズ

■Motor Fan illustrated ― 図解・自動車のテクノロジー シリーズ

 
■過去の記事■ 自動車よもやま話  

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

|

« ■朝の畝(うね)。 | トップページ | ■【映画評】『容疑者Xの献身』。’生きる’ことは私には余りにも眩し過ぎて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/45079667

この記事へのトラックバック一覧です: ■3代目新型プリウス発売開始。’孤高’から’フツウ’への転換を象徴する215/45R17タイヤ。:

» プリウス [モンスターハンター2ndg 改造アイルー 配布所]
そして!!トヨタ プリウス、太陽光を動力源に…2〜3年後めど 3代目新型プリウス発売開始。’孤高’から’フツウ’への転換を象徴する ...新プリウス、燃費向上にソーラーパネル [続きを読む]

受信: 2009年5月21日 (木) 12時05分

» サマンサタバサ [サマンサタバサ]
サマンサタバサの情報を知りたい人はいませんか。 サマンサタバサのブランド情報満載です。 [続きを読む]

受信: 2009年5月21日 (木) 14時19分

» プリウス 燃費 [youtube動画先取りニュース]
プリウスメッキアウターハンドルII-CLタイプ(メッキで囲む+ボディーカラー:9パーツ・4ドア分)商品価格:21,000円レビュー平均:3.0 新型プリウス、太陽光発電で真夏を乗り切る!トヨタが2009年5月18日に発売を開始したハイブリッド車の新型「プリウス」ですが、燃費がすごいですよね!10-15モード燃費は、38km/Lです!! それでいて車両本体価格は205万円からと、価格も安い。 しかも、2.4Lガソリン車並みの加速性能を実現している ...(続きを読む) プリウストヨタ自動車は2~3年... [続きを読む]

受信: 2009年5月21日 (木) 20時58分

» トヨタ プリウス 発表 [あの話題]
トヨタ プリウスみたいに低燃費の車って他にあります?トヨタ プリウスみたいに低燃費の車って他にあります?車のことはよく分からないので、みなさんにお聞きしたいのですが、ト... [続きを読む]

受信: 2009年5月21日 (木) 23時12分

« ■朝の畝(うね)。 | トップページ | ■【映画評】『容疑者Xの献身』。’生きる’ことは私には余りにも眩し過ぎて。 »