« ■嵐のあとの一服。 | トップページ | ■金曜ナイトドラマ・歌のおにいさん、最終回。やっぱり素直な分かりやすさって強いやね! »

2009年3月14日 (土)

■春がちらほら。(その2)

おとといの続き。

二日しか経ってないのに また別の花が咲き始めてる。

2009031204
■オドリコソウ(踊り子草) シソ科オドリコソウ属
花期:3~6月 

花のカタチが笠をかぶった踊り子にみえることから
その名が付いたといわれる。

2009031203_2
■ぐっと近くによって見ると、踊り子というよりは、

エイリアンか恐竜のようです(笑)。

  

2009031201
■カタバミ(酢漿草、傍食) カタバミ科カタバミ属
花期:4~7月 花径:7mm 
ちょっと気の早い花が一輪だけ咲いていた。

夜になると葉がたたまれて半分しか無いように見える
ところから、この名前がついたそうだ。

葉は食べると酸っぱいらしい。試してないけど。

  

2009031201_2
■ノゲシ(野芥子・春の野芥子) キク科ノゲシ属
花期: 3~10月 花径: ~2cm

名前は葉が芥子に似ているからという説明をみたのだけれど、うーん、タンポポの方が近いとおもうのだけれどなあ。むしろツボミの方がケシの花が散った後のカタチに似ている気がする。

いずれにしてもケシ科ではなく、タンポポと同じキク科の植物。

  

2009031201_3
■最後は、前回も取り上げたオオイヌノフグリ。

名前の由来は、実が犬のふぐりに似てるから、
とあったのだけれど・・・。

2009031203_3
■これがウワサのオオイヌノフグリの実。

確かにふたつのタマのまわりに短い産毛が生えていて・・・
うーん納得。なのである。

                         <2009.03.14 記>

  
■■■ 花の写真 ■■■  
↑カテゴリー・【花の写真】へのリンクです。

|

« ■嵐のあとの一服。 | トップページ | ■金曜ナイトドラマ・歌のおにいさん、最終回。やっぱり素直な分かりやすさって強いやね! »

コメント

今日、井の頭公園を散歩していたら、恐竜(オドリコソウ)、みつけましたよ!!!

とっても、小さかったです。

足元に咲いていたので、上から見てきれいな色だなって思って顔をみたら、うぎゃっ食われる!

って思いました。

投稿: 福ちゃん | 2009年3月28日 (土) 18時56分

↑ ご無事で何よりです(笑)。

投稿: 電気羊 | 2009年3月29日 (日) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/44343981

この記事へのトラックバック一覧です: ■春がちらほら。(その2):

« ■嵐のあとの一服。 | トップページ | ■金曜ナイトドラマ・歌のおにいさん、最終回。やっぱり素直な分かりやすさって強いやね! »