« ■意識と水と複雑系。『爆笑問題のニッポンの教養』 脳神経学、中田力。 | トップページ | ■カーネル・サンダースさん、24年ぶりに無事救出。 »

2009年3月11日 (水)

■春がちらほら。

道端に、ちらほら小さな花が咲き出した。

久しぶりに天気が良かったので

散歩がてら、歩きながら撮影してみた。

2009031005
■ナズナ(ぺんぺん草) アブラナ科ナズナ属 花期:2~6月 
名の意味は、’撫で慈しむ菜’という説が有力らしい。
    

2009031001_2
■ミチタネツケバナ(路種漬花) アブラナ科タネツケバナ属
花期:4~6月 名は、道端に咲くタネツケバナという意味。
   
ちなみにタネツケバナは水田で見られる草で、この花が咲くと
種籾を水に漬けて田植えに備えた、というのが名前の由来。
   

20090310
■キュウリグサ(胡瓜草) ムラサキ科キュウリグサ属 
花期:3~5月 花径2~3mm
名は、葉をもむとキュウリの匂いがするところから。
   

2009031002
■オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) 
ゴマノハクサ科ノコギリソウ属 花期:2~5月
名は実のカタチから(笑)。
   

2009031001
■トキワハゼ(常盤ハゼ)  ゴマノハグサ科サギゴケ属
花期:4~11月

花期が長いので’常盤’。’ハゼ’は実が爆ぜるところから。
   

20090310_2
■ヤハズエンドウ(矢筈エンドウ) マメ科ソラマメ属
別名カラスノエンドウ 花期:3~5月 
 
名は、葉の先の凹みが矢の尻:筈(はず、弦に番えるところ)
に似ているところから。
   

2009031003

■ ツメクサ(爪草) ナデシコ科 ツメクサ属 
花期:3~7月 花径:約4mm
名の由来は、とがった葉が鳥の爪に似ているところから。
   

2009031002_2
■コハコベ(小繁縷) ナデシコ科ハコベ属
花期:3~9月 花径:5~7mm
 

2009031004
■ミドリハコベ(緑繁縷) ナデシコ科ハコベ属
花期:3~9月 花径:5~7mm

コハコベとミドリハコベはパッと見がそっくりで、
一般に’ハコベ’というときには区別は無いようだ。

茎の色がコハコベは赤紫、ミドリハコベが緑色で区別できる。

他に似た花でウシハコベがあるが、
コハコベ/ミドリハコベの雌しべ先端は3つに分かれ、
ウシハコベは5つに分かれている。
   

  
■■■ 花の写真 ■■■  
↑カテゴリー・【花の写真】へのリンクです。

                          <2009.03.10 記>

|

« ■意識と水と複雑系。『爆笑問題のニッポンの教養』 脳神経学、中田力。 | トップページ | ■カーネル・サンダースさん、24年ぶりに無事救出。 »

コメント

かわいいです。

とっても。

投稿: 福ちゃん | 2009年3月11日 (水) 01時55分

福ちゃんへ

どうもありがとう。

あと2週間ほどしたら、もっと春らしくなるでしょうね!

投稿: 電気羊 | 2009年3月11日 (水) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/44308438

この記事へのトラックバック一覧です: ■春がちらほら。:

« ■意識と水と複雑系。『爆笑問題のニッポンの教養』 脳神経学、中田力。 | トップページ | ■カーネル・サンダースさん、24年ぶりに無事救出。 »