« ■【書評】『航空機事故50年史』、加藤寛一郎。根っからの飛行機好きに向けたメッセージ。 | トップページ | ■【書評】『あっかんべェ一休』、坂口 尚。認めるより仕方ないじゃないか、それが今の’私’なのだから。 »

2009年1月20日 (火)

■ドラマ『銭ゲバ』。貧しいって悔しいね、同じ人間なのにね。

期待以上。こりゃ、本物だわ。

__2

カネのためなら、なんでもするズラ。

という風太郎にしてしまったその幼少期の出来事と、平成大不況の閉塞を生きる日雇い派遣の現在がオーバーラップしながら進行する。

見るものをぐいぐいと引きずり込む力みなぎる第一話であった。

そのやりきれなさは、「銭ゲバ」が今の時代に対して非常にタイムリーな作品であることを再確認させる。

■毎朝のロッカールームで今日、解雇を言い渡されるのは自分なのではないかとびくびくしながらも、それに気付かぬように黙々と着替える日雇い派遣の男たち。

仲間意識があるように見えて、カネを貸してくれという話になるとスッと離れていく孤独感。

多少の脚色はあるにしても、現場の空気が生々しく活きている。

■お前らはいくらでも代わりが利くんだ、人間だと思っちゃいねーんだよ、という石丸兼二郎の現場監督はちょっとやりすぎかもしれないが、

貧しいって悔しいね、

何が違うんだろうね、あの家の人たちと。

同じ人間なのにね。

と、つぶやく風太郎の母の回想シーンと共鳴して、暗く湿った重たいものが心に沈みこんでいくのだ。

カネが無いからお母さんは死んでしまった。

風太郎の左目の傷に深く刻み込まれたその怨嗟は、自分を弟のようにかわいがってくれた新聞屋の青年を撲殺し、そして今日、貯め込んだカネを持ち逃げしようとした男を撲殺する。

ただ、カネが無かった、たったそれだけのことで、これほどまでの地獄に堕ちてしまうものなのか。

■それとは対照的に三國造船のお嬢様として何不自由なく育った緑(ミムラ)。

一見、わけへだてない優しいこころをもったお嬢様に見えるのだが、その正義感は、出された菓子をランドセルにつめて母親のためにもって帰ろうとする「窃盗行為」を断じて許さない、その幼少期の出来事で語られるように、彼女は極めて自分本位で、その本質は自己満足を得るための偽善に過ぎないのである。

だから、風太郎は緑を許さない。

■さて、第一話で状況設定が出来て、早くも風太郎は緑に接近。

顔のあざにコンプレックスを抱いている緑の妹の茜(木南晴夏)も巻き込んで、ドラマはハイスピードで進行していく予感がする。

これは楽しみだ。

   

●にほんブログ村● 
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

                           <2009.01.19記>
■追記■
松山ケンイチ、変な役をやらせたら最高だね。やっぱ上手い。
森迫永依の天才ぶりも相変わらずだけれども、
それにも増して、風太郎の父親を演じた、椎名桔平!
あの最低最悪の「人でなし」っぷりは100点満点でしょう!
   

■Amazon.co.jp■へのリンク

_
■ かりゆし58 さよなら (初回限定盤)(DVD付)
■このテーマ曲、いいねぇ。ぐっとくるねぇ。

   
■【原作】

Photo ■ 銭ゲバ 上   ジョージ秋山 著 幻冬舎文庫(上/下)
■早速、読んだズラ。
ここまで突き抜けた物語を他に知らんズラ。
 
この作品が描かれてから40年も経つのに
世の中まったく変わってない、どころか
どろどろの中身はおんなじなのに、
表面上は’清潔’になっているように見せかけている分、
今のニッポンの世の中は性質が悪いズラ。

     
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■STAFF■
原作 : ジョージ秋山『銭ゲバ』(幻冬舎文庫)
脚本 : 岡田惠和
演出 : 大谷太郎、狩山俊輔
   
音楽 : 金子隆博
主題歌 : かりゆし58 「さよなら」
   
プロデューサー : 河野英裕、難波利昭
制作 : 日本テレビ


  
■CAST■
蒲郡風太郎     : 松山ケンイチ
             : 齋藤隆成(幼少期)
   
三國緑(三國家長女): ミムラ
             : 森迫永依(幼少期)
三國茜(三國家次女): 木南晴夏
三國譲次(三國造船社長): 山本圭
桑田春子(三國家の家政婦): 志保
   
荻野聡(刑事)    :  宮川大輔
菅田純(刑事)    :  鈴木裕樹
  
蒲郡桃子(風太郎の母): 奥貫薫
蒲郡健蔵(風太郎の父): 椎名桔平
  
野々村保彦(伊豆屋店主): 光石研
野々村祥子(保彦の妻) : りょう
野々村晴香(保彦の妹) : たくませいこ
野々村香(保彦の姪)  : 石橋杏奈

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■過去記事■
■TVドラマ雑感・バックナンバー

■ 銭ゲバ 番組HP

■トラックバックさせていただきます■
’まぁ、お茶でも’ さんの「《銭ゲバ》★01」
’子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ’ さんの「松山ケンイチ『銭ゲバ』第1回…インパクトが強烈ズラ」
 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

|

« ■【書評】『航空機事故50年史』、加藤寛一郎。根っからの飛行機好きに向けたメッセージ。 | トップページ | ■【書評】『あっかんべェ一休』、坂口 尚。認めるより仕方ないじゃないか、それが今の’私’なのだから。 »

コメント

今シーズン1番のお楽しみです。

松ケンの数ある変な役の中でも、私は「セクシーボイスアンドロボ」のロボ役が結構好きでした。

斎藤隆成君もたまりませ~んcoldsweats01「流星の絆」では二宮君、
「砂の器」では中居君それぞれの子供時代を見事に演じ
映画「博士の愛した数式」のルート君もとってもキュートでしたshine

投稿: 臨床検査技師 | 2009年1月22日 (木) 13時27分

臨床検査技師さん、おはようございます。

実はあんまり期待してなかったんだけど、私も今シーズン一番のお気に入りになりました。

「セクシーボイスアンドロボ」、面白かったらしいと終了後に知りました。残念!
「博士の愛した数式」の原作は好きなんだけど、そういや映画もありましたね。
気になります。

投稿: 電気羊 | 2009年1月23日 (金) 06時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/43791651

この記事へのトラックバック一覧です: ■ドラマ『銭ゲバ』。貧しいって悔しいね、同じ人間なのにね。:

» 銭ゲバ 結末 [かすて・らまん]
銭ゲバ(上)商品価格:720円レビュー平均:4.75【ドラマの女王】 『銭ゲバ』なんでもドラマ化できるズラ。Techinsight japan今回の【ドラマの女王】は、話題の松山ケンイチ主演『銭ゲバ』。昨年末から世界中で加速する不景気。そんなご時勢だからなのか、あえて金に執着する『銭ゲバ』がとうとうドラマ化。内容表現の過激さから、昔は有害図書扱いだった原作を人気沸騰中のマツケンが演じる。 ...(続きを読む) 【今夜のドラマ】新番組『銭ゲバ』、『浪花の華~緒方洪庵事件帳』『赤い糸』ほかTV LIF... [続きを読む]

受信: 2009年1月20日 (火) 21時19分

» 松山ケンイチ『銭ゲバ』第1回…インパクトが強烈ズラ [子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ]
『銭ゲバ』第1回  凄まじいドラマが始まりました!!!  内容は全然違うけど、『女王の教室』で視聴者を刺激してきた手法を思い起こす作品。  ドラマの灰汁の強さは相当だけど、松山ケンイチの俳優力でグイグイと惹き付けられました。 【昔の日本の・・・】  小生は昭和30年代半ばに生まれたので、貧乏な風太郎(齋藤隆成)親子の暮らしぶりを見て貧しかった頃の昔の日本を思い出しました。  ”派遣切り”とか今の世相を映像にしているけど、母親が”肺病やみ”で死んじゃうなんてまさに昭和の匂いがプ... [続きを読む]

受信: 2009年1月20日 (火) 21時39分

» 銭ゲバ ロケ地 [芸能界の○○な話]
銭ゲバ 動画銭ゲバ見ました 録画した銭ゲバを見ました。原作は最初のほう(プロローグあたり)を立ち読みしただけです。 連続ドラマを見るのはかなり久しぶりです。 いやー…話がかなり重かったですね…。 派遣問題など、話が現代風になってましたね。 ... 銭ゲバ ...(続きを読む) 銭ゲバ銭ゲバと聞いて、真っ先に思い浮かぶのは内ゲバで、なんだか昭和なかおりのするタイトルだなぁと思い調べてみたら、なんとこれ、『浮浪雲(はぐれぐも)』で有名なあのジョージ秋山原作の漫画だった。どうりで・・・。しかも、これが連... [続きを読む]

受信: 2009年1月20日 (火) 22時00分

» 銭ゲバ 主題歌 [コンビニ最新情報]
1月から松山ケンイチ主演で始まるジョージ秋山の「銭ゲバ」ですが、あんな作品をド...1月から松山ケンイチ主演で始まるジョージ秋山の「銭ゲバ」ですが、あんな作品をドラマにしていいものでしょうか?少年サンデーで1970年(古!!)に連載されました。連続殺人、レイプ、公害に環境破壊、賄賂、とにかく金の欲望のためなら何でもありの主人公とストーリーでした。乱雑な絵のタッチですが、それが逆に人間のゆがみ、公害病患者のリアルな姿を描写しました。連載当時に大鶴義丹のパパ・唐十郎の主演で映画化もされました。しかしどー... [続きを読む]

受信: 2009年1月20日 (火) 23時03分

» 銭ゲバ [ニュース24]
ドラマ「銭ゲバ」第一話 「銭ゲバ」の話に戻るけど、浜辺を歩きながら母親が「貧しいって悔しいね」と泣くとこ、ほんとに悔しいね。たまたま金持ちの家に生まれたってだけのガキに、あんなくっさい説教されちゃあね、そりゃ泣けてくるってもんだ。それにしても冬の海っていうの ...(続きを読む) ドラマ『銭ゲバ』。貧しいって悔しいね、同じ人間なのにね。 そのやりきれなさは、「銭ゲバ」が今の時代に対して非常にタイムリーな作品であることを再確認させる。 ■毎朝のロッカールームで今日、解雇を言い渡されるのは自分なの... [続きを読む]

受信: 2009年1月21日 (水) 03時05分

» 《銭ゲバ》★01 [まぁ、お茶でも]
人間扱いされない工場勤め。まじめに働いても,芽が出ない不景気の中で、容赦なく人員削減が続いた。 何も接点のない風太郎にも、金を貯めこんでいるという噂だけで、こっそりついてくる奴がいた。カーテンが揺れるのを見て、門の前で待つと、 札を握りしめた男が出てきた。もみ合ううちに、相手は後ろから鉄パイプで殴りかかった。 フラッシュバックする記憶。... [続きを読む]

受信: 2009年1月21日 (水) 08時09分

« ■【書評】『航空機事故50年史』、加藤寛一郎。根っからの飛行機好きに向けたメッセージ。 | トップページ | ■【書評】『あっかんべェ一休』、坂口 尚。認めるより仕方ないじゃないか、それが今の’私’なのだから。 »