« ■金曜ドラマ 『流星の絆』、最終回。二宮和也、いいねぇ。 | トップページ | ■NHK 時代劇スペシャル、『花の誇り』。待てばいつか拓ける時が来る。 »

2008年12月22日 (月)

■ドラマ 『ブラッディ・マンデイ』、最終回。さらば、セクシー・マヤ!

最終回、想像以上に盛り上がったね。

こういう期待の裏切り方はいいよな~。

Photo_4

■第9話で、’ブラッディ・マンデイ’、即ち、BLOODY-Xによる首都多発感染計画は高木藤丸(三浦春馬)の活躍によりそのすべてが阻止された。

って、終わりじゃん。あと2話どうつなぐのサ?

なんてがっかりしてたんだけど、最終回でこう来るか!

いやー、ドラマ「SP」みたいなドッチラケを心配してたんだけど、良かった、良かった。

■Kの正体が音弥(佐藤 健)だなんて、どこの「デビルマン」の飛鳥了だよ!という突っ込みは見事にかわされるわ、ほんとの’ブラッディ・マンデイ’は最近その名も聞かなくなった残虐兵器だわ、残り3分で藤丸の手に首都圏1、200万人の命が託されることになるわで、最後まで十分堪能いたしました。

宗方さんはウイルス学者のくせになんで核攻撃による被害予測に詳しいの!とか、Kは何でひとりきりであの場所にいたのか、教祖さまだったらふつう周辺にガードが付くだろ!とか、1分前に駆けつけた霧島(吉沢 悠)よ、いきなり主犯の急所を撃ち抜くかよ!とか、もろもろ突っ込みどころは満載なんだけれども、展開が速いから、ま、いいかと許せてしまう。

ほんとに濃密な最終回でありました。

■それは基本的に原作のプロットの良さだったり、演出の良さだったりするのだろうけれど、脇役陣の名演が光ったよな、と思う。

それぞれが、それぞれに良かったんだけれども、目立ったところ3人を挙げてみると、

まずは、松重 豊。

この人の雰囲気が好きなんだよな。現場命、行動命の警察官っていう役柄に上手くはまってた。カッコいいよね。変な色気がないところがまたたまらない。

■意外だったのは’J’役の成宮寛貴。

はじめの方は、なんだこの甘っちょろいヤツは!と思ってたんだけど、その複雑な人格が描きこまれてくるにしたがって、どんどん深みを増していった。

最後の藤丸へのメッセージは如何にも’少年マンガ’って感じで、いかがなものかというところだったけど、ふわりと風の中に溶け込んでいく去り方は決まってた。

それは不思議の国のアリスに出てくるチェシャ猫のようにつかみどころ無い雰囲気を丁寧に作り上げてきたからこそ’決まった’のだと思う。いい役者だ。

■で、最後はやっぱり折原マヤ役の吉瀬美智子。

ちょっと、たどたどしいところがまたたまらなくいい。

あんな危険でセクシーな女のひとに流し目されたら、たぶん即死だな。

成田から海外へ飛ぼうとする折原マヤの後ろのパピヨンの刺青の女がいて、その後の彼女に起こることを暗示させるのだけれども、あの少しわざとらしい微笑を浮かべながら2代目パピヨンを返り討ちにするシーンを想像して、うーん、やっぱりいいよな、セクシー・マヤ。なのである。
   

ところで、法務大臣のゴリさん。

あのひとが一番の悪者だった、てことかね。

何か思わせぶりで気になるんだよな。

もしかしてCXに倣って、TBSも映画化路線を行こうってハラか?

・・・まさかね。

●にほんブログ村● 
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

                            <2008.12.22 記>

■Amazon.co.jp■へのリンク

Dvd
■ブラッディ・マンデイ DVD-BOX I

■ブラッディ・マンデイ DVD-BOX II
   

Photo_5
■「ブラッディ・マンデイ」 オリジナル・サウンドトラック

Bloody_monday_2
■【原作】 BLOODY MONDAY 1
龍門諒・作 恵広史・画 (講談社 2007年8月初版)

   

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■CAST■
【高木家】
高木藤丸(主人公、天才ハッカー)     : 三浦春馬

高木遙   (藤丸の妹)             : 川島海荷
高木竜之介(警察庁課長補佐、藤丸の父): 田中哲司
 
【テロリスト集団】
神島紫門  (宗教団体の教祖)      : 嶋田久作
J 神崎潤 (集団の参謀、紫門の息子) : 成宮寛貴
K  (神島紫門の後継者、Jの妹) 
折原マヤ(プロのテロリスト)       : 吉瀬美智子
出門丈一(プロのテロリスト)        : TET
安藤健(ブルーバード、組織のハッカー): 山口龍人
宝生小百合(THIRD-i に潜入したスパイ
): 片瀬那奈
   
【警察庁秘密組織 THIRD-i 】
霧島悟郎(特殊班情報班チーフ)      : 吉沢悠
工藤明(特殊班情報分析官)            : 久保田将至
澤北美姫(特殊班情報分析官)        : 阿南敦子
中川沙織(霧島の婚約者 死亡)        : 原田佳奈
    
加納生馬 (特殊班現場捜査班チーフ): 松重豊
南海かおる(特殊班捜査官)             : 芦名星
   
苑麻孝雄(警察庁警備局局長)         : 中原丈雄
沖田耕一(警察庁課長、死亡)          : 工藤俊作
鎌田淳一郎 (沖田の後任の課長)  : 斉藤 歩
   
九条彰彦(法務大臣、音弥の祖父)  :竜 雷太   
    
【弥生高校新聞部】
九条音弥(藤丸の級友、新聞部長) : 佐藤 健
朝田あおい(藤丸の級友)              : 藤井美菜
安斎真子(藤丸の級友 kANZAkI)     : 徳永えり
立川英(藤丸の級友 死亡)              : 久野雅弘
   
【その他】

船木勘助(警視庁捜査一課刑事)      : 蛍雪次朗
伊庭刑事(舟木の相棒刑事)            : 尾崎右宗
    
敷村壮介(ウイルス学者 死亡)          : 神保悟志
宗方瞳 (敷島の助手)         : 村岡希美 


   
 
■STAFF■
プロデューサー   :蒔田光治、神戸明、樋口優香
脚本         :蒔田光治、渡辺雄介
演出         :平野俊一、波多野貴文、宮下健作
               * * * * * * * * * * * *
音楽         :井筒昭雄
音楽プロデュース :志田博英  
主題歌  : flumpool 『Over the rain ~ひかりの橋~』
               * * * * * * * * * * * * 
特殊メイク      :松井祐一  
アクションコーディネイター :田渕景也
製作         :東宝、TBS 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■関連記事■

■ドラマ 『ブラッディ・マンデイ』。完璧な初回スペシャルには気をつけろ!

■『ブラッディ・マンデイ』、第4話。正しい銃の奪い方。

■過去記事■
■TVドラマ雑感・バックナンバー

■ブラッディ・マンデイ 番組HP

■トラックバックさせていただきます■
’まぁ、お茶でも’ さんの「《ブラッディ・マンデイ》★最終回 」
 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

|

« ■金曜ドラマ 『流星の絆』、最終回。二宮和也、いいねぇ。 | トップページ | ■NHK 時代劇スペシャル、『花の誇り』。待てばいつか拓ける時が来る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/43486589

この記事へのトラックバック一覧です: ■ドラマ 『ブラッディ・マンデイ』、最終回。さらば、セクシー・マヤ!:

» 三浦春馬の「ブラッディ・マンデイ」最終回…肩すかし [子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ]
三浦春馬の「ブラッディ・マンデイ」最終回 【藤丸は何故生かされるのか】  真子=「K」(徳永えり)が藤丸に発砲するが、咄嗟に割って入った父・竜之介(田中哲司)が弾を受け、藤丸は命拾い・・・・。  高木親子を横目に見ながら、「K」とマヤ(吉瀬美智子)はさっさと立ち去っていく。  藤丸を殺す絶好のチャンスなのに、どうして二人は立ち去るのか?  真子は藤丸を撃つ気満々で引き金を引いたのに、なんでもう一発撃とうとしない?  藤丸が神島紫門(嶋田久作)逮捕に関わっていたから復讐する気じゃな... [続きを読む]

受信: 2008年12月23日 (火) 16時57分

« ■金曜ドラマ 『流星の絆』、最終回。二宮和也、いいねぇ。 | トップページ | ■NHK 時代劇スペシャル、『花の誇り』。待てばいつか拓ける時が来る。 »