« ■それぞれの時代がそれぞれに持つ「ニッポン」。『爆笑問題のニッポンの教養』 日本思想史、子安宣邦。 | トップページ | ■NHK土曜ドラマ 『上海タイフーン』。木村多江が蓮舫に見えた! »

2008年9月14日 (日)

■あんた、「一期一会」って言いますやろ。『プロフェッショナル・仕事の流儀』 京菓子司、山口富蔵。

今回のプロフェッショナルは、京菓子司の山口富蔵さん。

Photo
■古都の雅、菓子のこころ・京菓子司・山口富蔵
<2008.09.09 放送> (番組HPより)

■一期一会。

いちげんさんでも、お得意さんでも、一回の仕事は一回きりのもの。

お客さんが何を求めているか。

それに答えるには、自分の懐が深くないと応えられない。

職人としての菓子の技術だけでなく「遊び」が必要になる。

向き合ったお客さんに「面白い」と思わせる人間の厚みが問われるのだ。

■一方、お客さんによろこんでもらうためには、

これこれこういうものがいいでしょ、と正解を提示するものではない。

お客さんに選択の余地を残さなければ、面白くない。

お客さんに向き合ったときに、

その一期一会の関係性のなかで初めて生まれてくる。

それが「面白さ」なのだ。

■オーダーメードの和菓子作りと自動車のような大量生産の商品作りとは、もちろん相容れないところもあるけれども、

買う側のお客さんにしてみれば、はやりそれは「一期一会」なのであって、大量生産は言い訳にはならない。

そこで「一期一会」にどう応えていくか。

難しいけれど、面白い課題だとおもう。

                      <2008.09.13 記>

Photo_3
■『京・末富 菓子ごよみ』
■山口 富蔵 著 淡交社 (2001/10)

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *

過去の記事■『プロフェッショナル・仕事の流儀』

■『プロフェッショナル・仕事の流儀』番組HP

■茂木健一郎さんのクオリア日記にT/Bさせていただきます。

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

     

|

« ■それぞれの時代がそれぞれに持つ「ニッポン」。『爆笑問題のニッポンの教養』 日本思想史、子安宣邦。 | トップページ | ■NHK土曜ドラマ 『上海タイフーン』。木村多江が蓮舫に見えた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/42462864

この記事へのトラックバック一覧です: ■あんた、「一期一会」って言いますやろ。『プロフェッショナル・仕事の流儀』 京菓子司、山口富蔵。:

« ■それぞれの時代がそれぞれに持つ「ニッポン」。『爆笑問題のニッポンの教養』 日本思想史、子安宣邦。 | トップページ | ■NHK土曜ドラマ 『上海タイフーン』。木村多江が蓮舫に見えた! »