« ■【書評】『悩む力』 姜 尚中。悩み抜いた果てにたどり着くであろう他者とのつながり。 | トップページ | ■128億年の壮大な歴史書は日々書き換えられるノダ。『爆笑問題のニッポンの教養』 天文学、林 正彦。 »

2008年8月29日 (金)

■入道雲の頂は。

久しぶりに正しい入道雲に出会った。

昨日の雷雨はこいつの仕業か?

2008082903

強い上昇気流はぐいぐいと力強く立ち上がり、

その勢いは富士山を超え、

エベレストを越えても なお衰えることを知らない。

高度1万1000メートルの空の底。

対流圏と成層圏のハザマに於いて、

やっとその頂は上昇志向に区切りをつける。

 

そのエネルギーが

上昇気流の中で翻弄される雨や氷の粒たちとの

摩擦による静電気として蓄えられ

900ギガワットの雷撃となる。

ドーン!

20080829

少し目線をあげてみれば

そこに壮大なスペクタクルが浮かび上がってくる。

己は実にチッポケナ存在ではあるのだけれど

その頂にこころを飛ばすことは

いつだって可能なのだ。

                        <2008.08.29 記>

  
■■■ 空の写真 ■■■  
↑カテゴリー・【空の写真】へのリンクです。

|

« ■【書評】『悩む力』 姜 尚中。悩み抜いた果てにたどり着くであろう他者とのつながり。 | トップページ | ■128億年の壮大な歴史書は日々書き換えられるノダ。『爆笑問題のニッポンの教養』 天文学、林 正彦。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/42318057

この記事へのトラックバック一覧です: ■入道雲の頂は。:

« ■【書評】『悩む力』 姜 尚中。悩み抜いた果てにたどり着くであろう他者とのつながり。 | トップページ | ■128億年の壮大な歴史書は日々書き換えられるノダ。『爆笑問題のニッポンの教養』 天文学、林 正彦。 »