« ■MRJ事業化決定。技術屋の夢と、ビジネスと。 | トップページ | ■増上寺、夜桜。 »

2008年3月28日 (金)

■エンデバー帰還。土井さん、お帰りなさい。

スペースシャトル・エンデバーが15日と18時間の飛行を終え、無事、ケネディ宇宙センターに帰還した。

■予定では日没前に着陸することになっていたのだけれど、大気圏再突入直前にケネディ宇宙センタ上空に雲が立ち込めたため、シャトルは地球のまわりを90分かけて一周してから改めて再突入、結果日没後の着陸となった。

シャトルの着陸はものすごい迎角をとるから、そもそも姿勢とか高度とか把握しにくいだろうに夜間の着陸では左右の景色もほとんど分からんわけで、ほとんど目隠し状態でのランディングになるのじゃなかろうか。

■しっかり誘導されていて、対地モニターみたいなものもあるのだろうけれども、パイロットとしてはやっぱり肉眼で把握したいところだろう。

かなりの経験と技量をもったパイロットなのだろうなあと、改めて尊敬のまなこである。

youtubeの動画を見ていて、大昔にあった「ミッドナイト・ランディング」という着陸シミュレーションゲームを思い出したが、シャトルはやり直しきかないもんな(苦笑)。

■それにしても、気象条件が悪くて着陸をやり直すのに「地球を一周する」ってのも、ほんと、スケールのデカイ話である。やっぱり「宇宙船」は世界が違う。

まあ、ともあれ、無事に帰還できてよかった、よかった。

そして土井さん、お帰りなさい。

                       <2008.03.28 記>

Photo
■DVD 『スペース・シャトル 発射までの舞台裏』
ディスカバリーチャンネル

 
■過去の記事■ 飛行機、宇宙の話など  
    

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

|

« ■MRJ事業化決定。技術屋の夢と、ビジネスと。 | トップページ | ■増上寺、夜桜。 »

コメント

群馬で今日から開催の「第25回全国都市緑化ぐんまフェア」
メーン会場の1つとなる、前橋市・敷島公園ばら園には、
館林出身の宇宙飛行士・向井千秋さんがスペースシャトル内で
実験用として利用した「宇宙バラ」も展示されるそうです。
向井さんの頃より宇宙事業も格段の進歩なのでしょうねshine

投稿: 臨床検査技師 | 2008年3月29日 (土) 16時17分

宇宙バラって宇宙で開花させたバラのことなんですね。
香りの成分が微妙に違ってくるってのは驚きです。

投稿: 電気羊 | 2008年4月 2日 (水) 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/40666304

この記事へのトラックバック一覧です: ■エンデバー帰還。土井さん、お帰りなさい。:

« ■MRJ事業化決定。技術屋の夢と、ビジネスと。 | トップページ | ■増上寺、夜桜。 »