« ■「栞と紙魚子」がドラマに!『栞と紙魚子の怪奇事件簿』。映像化不可能とも思える諸星大二郎のあの作品が?! | トップページ | ■「縦の笑い」と「横の笑い」。自分を縛り付けるレッテルへの反逆。 »

2008年1月 7日 (月)

■新春ドラマ 『のだめカンタービレ in ヨーロッパ』、帰ってきた「ぎゃぽー!」。

録っておいた『のだめカンタービレ in ヨーロッパ』前後編(合わせて5時間!)を見た。

小気味良いテンポの良さで、まったく時間を感じさせない。

ああ、「のだめ」が帰ってきたのだ。

Photo

■のだめ(上野樹里)のハイテンションも、千秋(玉木宏)の微妙に間の抜けたところも、そのまんま。

舞台がヨーロッパに移っても変わるどころか、むしろパワーアップしている感じ。

真澄ちゃん(小出 恵介)や峰龍太郎(瑛太)の代りに、派手好きなロシア人ピアノ留学生・ターニャ(ベッキー)と「プリごろ太」好きの変なフランス人音楽学生・フランク(ウエンツ瑛士)がいい味を出している。

■前編の見せ場は千秋が挑むプラティニ国際指揮コンクール。

月9のときもそうだったけれど、オーケストラと指揮者のつながりが音楽の盛り上がりとともに心を振るわせる。

その見せ方がとても上手い。

今回は「観客の気持ちとの連動」がさらにその感情を盛り上がらせた。

■それはテレビドラマならではの感動である。

原作漫画を読んでも、「その曲」がこころの中に鳴り響かなければ、そのシーンでの本当の感動を味わうことはできない。

そして、華麗なCGと繊細で地道なフレームワークによる映像、そしてタイミングのいいセリフのかぶせ方によって、その「テレビドラマならでは」の部分を最大限に活かした最高の演出なのである。

■「あたたかく、やさしい」ジャンの音楽と、

「毅然として理想を語る」千秋の音楽。

片平(石井正則)が見せた『ジャンプ』も、原作のイメージを損なうことなく、いい感じであった。

■後編は、のだめの苦闘が描かれる。

上野樹里は本当に演技が上手い。

いや、「上手い」というのは少しニュアンスが違う。

心に、すーっと「のだめ」の感情が入ってくるのだ。

■ピアノの師匠・オクレールさんは、のだめに問う。

「ベーベちゃんはココに何をしに来たの?

何のためにピアノを弾くの?」

それはシュトレーゼマン(竹中直人)が、のだめに言った

「のだァめちゃ~ん。このままではア、千秋と一緒に居られナーイ。」

というコトバが含む本質的な問いである。

Photo_5

「実存を賭けた苦しみ。」といえば難しくなるのだけれど、のだめモードの上野樹里の手にかかったとたん、その「苦しみ」は脳みそをショートカットして、見るもののこころにダイレクトに伝わってくる。

■そして、その苦悶が昇華され、「モーツァルトの気持ち」のそばに

寄り添ってキラキラ星を弾く のだめ。

演奏の始まりに叩く、「ピーン」という一音。

その瞬間、”上野樹里、全体”から湧き上がる”感じ”で、

「あー、これは凄い!」と直感的にわかって

ワクワクした気分が一気に盛り上がる。

Photo_4

■上野樹里は、「『ぎゃぽー』的ハイテンション体当たり演技」だけが素晴らしいのではない。実は、そういった理屈を越えた部分の「感情」の演技こそが「のだめモード・上野樹里」の真骨頂なのである。

その演技の両面性は、「千秋に襲い掛かる”のだめ”」のシーンにおいて核融合を引き起こし、「その中に一瞬の狂気を感じさせる、恐怖を含んだ『笑い』」という超絶技巧的演出効果に大きく貢献している。

■いやー、ともかく素直に面白かった。

涙があふれるような感動を引き出しておきながら、照れ隠しのようにその「感動」を裏切ってみせる。

そういう微妙なさじ加減にこだわる演出が、上野樹里をはじめとする役者達の素晴らしい演技を引き出しているのだろう。

■演出は、連ドラ版から続投の武内英樹さん。

今まであまり意識していなかったけれど、上手いというか、「ツボ」にくる演出家だなァと思ったら、「電車男」もこの人だったのか。

妙に納得。

何しろ、5時間に及ぶ感動体験を「変態の森へようこそ!」でシメるのだから、見ているこっちも「ぎゃぽー!」なのである。

実に、面白い人だ。

                          <2008.01.07 記>

Photo
DVD 「のだめカンタービレ in ヨーロッパ」

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Cdlive
■CD 「のだめオーケストラLIVE!」
演奏:のだめオーケストラ  (2006/11/15)
<Amazon評価>
★★★★☆(レヴュー数 54件)
■「のだめ」を見ると「クラッシクもいいかな」と思ってしまう。何だか勢いで買ってしまいそう。
 

Photo_8
■CD 「のだめカンタービレ スペシャルBEST!」
演奏:のだめオーケストラ  (2006/11/15)
<Amazon評価>
★★★★★(レヴュー数 4件)
■のだめ新春スペシャル版。OP/ED曲などは残しつつも、9割が新録曲で構成された「のだめオーケストラ LIVE!」の続編。「もじゃもじゃ組曲」より第1曲「もじゃもじゃの森」も収録!
  

Photo_10
■原作・のだめカンタービレ (19)
二ノ宮知子 著 講談社コミックスKiss (2007/11/13)
<Amazon評価>
★★★★★(レヴュー数 32件)
■女房が借りてきたのを16巻まで読みました。いい歳のオッサンが「のだめ」を読むというのも、我ながら少しどうかと思うのだが・・・。
  

■DVD-BOX 「のだめカンタービレ」(6枚組)
フジテレビ 2006年10月~12月放映
<Amazon評価>
★★★★★(レヴュー数 89件)
  

■関連記事■
■【書評】『オーケストラ指揮法』。皆はなぜ、私のいうことを聞かないのか。
・「千秋」というキャラクターの「ネタ本」ではないかと思うほど重なるところがあって驚いた記憶があります。
 
■映画 『亀は意外と速く泳ぐ』。優しさにあふれたクスクス笑い。
・【主演】上野樹里 【監督】三木聡(ドラマ『時効警察』)、不思議系映画です。
 

■スタッフ■
原作 「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子 講談社刊)
脚本 衛藤 凜
演出 武内英樹
制作 フジテレビドラマ制作センター

■CAST■
野田 恵 … 上野樹里
千秋真一 … 玉木 宏
       ・
峰 龍太郎 … 瑛太
三木清良 … 水川あさみ
奥山真澄 … 小出恵介
大河内 守 … 遠藤雄弥
       ・
フランク … ウエンツ瑛士
ターニャ … ベッキー
並木ゆうこ … 山口紗弥加
孫Rui … 山田 優
片平 元 … 石井正則(アリtoキリギリス)
       ・
黒木泰則 … 福士誠治
エリーゼ … 吉瀬美智子
峰 龍見 … 伊武雅刀 
シュトレーゼマン(ミルヒー)… 竹中直人

Photo_7  

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

|

« ■「栞と紙魚子」がドラマに!『栞と紙魚子の怪奇事件簿』。映像化不可能とも思える諸星大二郎のあの作品が?! | トップページ | ■「縦の笑い」と「横の笑い」。自分を縛り付けるレッテルへの反逆。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■新春ドラマ 『のだめカンタービレ in ヨーロッパ』、帰ってきた「ぎゃぽー!」。:

» 指揮者って必要なの? [音楽と生活]
正月早々「のだめカンタービレ」というおもしろい番組を見て、考えたことがあります。 「のだめ」って何だろうと、わからなかったことについては、以前書きました。 「カンタービレ」は音楽用語だから知っていました。 よく出てくる曲想記号です。 楽譜にcantabile(カンタ..... [続きを読む]

受信: 2008年1月 7日 (月) 20時05分

» のだめカンタービレinヨーロッパ~変態の森へ~ [子育ちパパの航生日誌Q2.0]
のだめカンタービレinヨーロッパ二夜連続放送を見終えました。  1夜目「千秋編」は [続きを読む]

受信: 2008年1月 7日 (月) 20時06分

» のだめカンタービレinヨーロッパ☆第二夜 [せるふぉん☆こだわりの日記]
ジャンの復讐(!?)に燃えるエリーゼによって、ついに「砂漠のプロメテウス作戦」 [続きを読む]

受信: 2008年1月 8日 (火) 02時35分

» のだめカンタービレvol.40 新春SP in ヨーロッパ・第二夜 [美味−BIMI−]
今回は千秋(玉木宏)何者かに拉致られちゃうトコロからスタートです@@; エリーゼ(吉瀬美智子)の≪砂漠のプロメテウス作戦≫発動です。 「うちの事務所の所属になれば、ちゃんとプロモーションもしてあげるし、  たくさん仕事が来ても馬車馬のように働けるし、  立派な指揮者にしてあげるって素晴らしい契約です。」 結局千秋は、この作戦に負けてミルヒー(竹中直人)の事務所と契約、 3ヶ月にもおよぶ世界演奏旅行に同行することになりました。 どこまでも酷い二人ですね〜〜〜^^; &... [続きを読む]

受信: 2008年1月 8日 (火) 18時53分

» のだめカンタービレ in ヨーロッパ 第二夜 [多数に埋もれる日記]
のだめは音楽院の授業についていけるか? [続きを読む]

受信: 2008年1月 9日 (水) 06時59分

» 【のだめカンタービレinヨーロッパ 2】 [鳥飛兎走]
ヨーロッパデビューと同時に        ____変態の森へ_・:*マァマァマァ:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・ついに千秋先輩が変態デビューだわ涙もろい千秋先輩が素敵過ぎて・・・困った。かっこいいなぁ・・もぉvせっかくビエラ先生の所へ行こうとしてたのに・・・...... [続きを読む]

受信: 2008年1月 9日 (水) 23時30分

» のだめ 上野樹里 [のだめカンタービレ大好き!]
新春ドラマ 『のだめカンタービレ in ヨーロッパ』、帰ってきた ...ああ、「のだめ」が帰ってきたのだ。 Photo. ■のだめ(上野樹里)のハイテンションも、千秋(玉木宏)の微妙に間の抜けたところも、そのまんま。 舞台がヨーロッパに移っても変わるどころか、むしろパワーアップしている感じ。 ...(続きを読む) 上野樹里(のだめカンタービレ)/おなら体操(DVD付)商品価格:1,575円レビュー平均:0.0... [続きを読む]

受信: 2008年1月25日 (金) 07時07分

« ■「栞と紙魚子」がドラマに!『栞と紙魚子の怪奇事件簿』。映像化不可能とも思える諸星大二郎のあの作品が?! | トップページ | ■「縦の笑い」と「横の笑い」。自分を縛り付けるレッテルへの反逆。 »