« ■F-35・ライトニングⅡ試験飛行再開。 | トップページ | ■残照のそらに三日月がニヤリと笑う。 »

2007年12月13日 (木)

■フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン。伝説を現実に。

■NASAは10日の定例記者会見で、「2020年までに人類を再び月に送り込むと同時に月に有人基地を建設する」という方針を明らかにした。
 NASAの新しいタイムテーブルによると、スペースシャトルが引退する2010年からは新しい有人宇宙船の開発に予算を集中させ、2016年までに次世代有人宇宙船の運用を開始、その後の4年で人類を再び月に送り込み、有人宇宙基地の建設に着手するとしている。

【Technobahn 2007/12/11 記事より抜粋、編集】

Photo

■アポロ計画をソ連との軍拡競争を背景として成し遂げられたものだと捉えるならば、今回の計画にドライブをかけているものは中国の台頭と資源確保の争いであろう。

けれども、そういった政治的な背景は抜きにして、純粋にその成功を祈りたい。

■アポロ17号が最後に月へ着陸した1972年当時、私は4歳であり、アポロ計画は全く記憶に残っていない。

「実は人類は月に到達していなかった」などという映画『カプリコン・1』並みのトンデモ話を真に受けてしまうくらい、それは伝説であり、おとぎ話なのである。

だから現実として、その姿を拝みたい。それが、

「アポロ11号の興奮」を知らない世代の切なる想いなのだ。

                          <2007.12.13 記>

■ Amazon.co.jp ■
■【書籍】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【書籍】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■

■【DVD】 最新ベストセラー情報 (1時間ごとに更新)■
■【DVD】 ↑ 売上上昇率 ↑ 最新ランキング■
 

Photo_8
■『プラネテス』<Vol. 1>
幸村 誠 著  講談社 (2001/01)
<Amazon評価>
★★★★★(レヴュー数 51件)
■ロボットもエイリアンも登場しない宇宙開発物語。広大な宇宙とそこに佇む人間の内面に拡がっていく圧倒的孤独。感動に震えながら読みました。
文句無く、名作!(全4巻)
  

From_the_earth_to_the_moon
■DVD 『FROM THE EARTH TO THE MOON』 【MOON BOX】
製作:トム・ハンクス  (2001/03/14 )
<Amazon評価>
★★★★★(レヴュー数 10件)
■「名作、傑作」というのに弱く、つい買ってしまったのだけれど、まだ見ることが出来ないでいます・・・。
   

■関連記事■
■かぐや、月に到着す。

■Technobahn記事「NASA、2020年までに月に人類を再び送り込む」

|

« ■F-35・ライトニングⅡ試験飛行再開。 | トップページ | ■残照のそらに三日月がニヤリと笑う。 »

コメント

電気羊さんは、1972年当時、4歳でしたか。。。
もう中学生だったにもかかわらず、興味が違う方へ向いていたのか、私も17号の頃のアポロ計画って、あまり記憶にないんですよ;
11号の時は、小学生でしたので、夏休みの絵日記に書いた覚えがありますが・・・^^

投稿: 臨床検査技師 | 2007年12月14日 (金) 17時45分

臨床検査技師さん、こんばんは。
アポロ11号をリアルタイムで体験しているというのが
うらやましい限り。
1969年7月20日当時は1歳で、
あと5年生まれるのが早かったらな~、
惜しいよな~、と思ってしまうワケです。

投稿: 電気羊 | 2007年12月14日 (金) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/17356529

この記事へのトラックバック一覧です: ■フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン。伝説を現実に。:

« ■F-35・ライトニングⅡ試験飛行再開。 | トップページ | ■残照のそらに三日月がニヤリと笑う。 »