« ■ちいさな元気。コハコベ、ハキダメギク、ホトケノザ。 | トップページ | ■F-2離陸事故、原因判明。 »

2007年11月18日 (日)

■足るを知ること。詩集、『求めない』 加島祥造。

詩集、といってしまうと、少し違う気がする。

ページをめくることで生まれる ひとつの体験、なのだと思う。

■ 求めない
Photo_2
加島祥造 著 小学館 (2007/6/29)

求めない―

すると

不思議なことが起こる

■求めない―

という言葉から始まる短い詩が

いくども幾度も繰り返される。

それは、

目に映るその文字たちの印象、

ページをめくる音、手の感触、

そういった身体的な感覚も含めた「体験」なのだ。

■この「求めない」という本は

そういう意味で、とても説明しづらい本である。

けれど、あえて言葉にするのであれば

「足るを知ること」、

だろうか。

■本書の中でも著者が幾度も繰り返しているように、

この本で「求めない」といっているのは

何もかも求めないといっているわけではない。

われわれは、求めずには生きていけない。

というだけでなく、

「求める」ということは、

われわれが力強く前向きに生きていく為の原動力なのだ。

けれど、求め過ぎてしまうと、

それは突如として不幸の顔を見せるようになる。

■求め過ぎている状態は、

「まだ、足りない」という不満と共にあらわれる。

その流砂に足を踏み込むと、

どこまでも、どこまでも、満足することはない。

満たされることは無い。

■けれど、そんな不満を抱えつつ、

今のまま、そのままでいいじゃないか。

と現状を受け入れようとしたとき、

すっ、と肩の力が抜けていく。

一瞬でも、そういう感覚をからだで感じ取れれば

人生は、少しだけ気軽なものになっていくのだろう。

と思う。

■著者の加島祥造さんは、

信州・伊那谷にひとりで暮らす御年84歳。

加島さんが、

老子、タオイズムに出会ったのは70歳のとき。

人生は、結構長い。
     

■ 求めない
加島祥造 著 小学館 (2007/6/29)
<Amazon評価>
 ★★★★☆(レヴュー数 27件)

                       <2007.11.18 記>

■ タオ ― 老子
Photo
加島祥造 著 ちくま文庫 (2006/10)
<Amazon評価> 
★★★★☆(レヴュー数 8件)
■久しぶりに、こころが洗われる本に出会った。
■記事■

「『タオ―老子』 加島祥造。もうひとりの自分に気づくこと。」

 
■■■今、売れている書籍は?■■■
■ ビジネス ・ 経済 ・ 自己啓発 ■
■ 文学・評論 ■
■ ノンフィクション ■

|

« ■ちいさな元気。コハコベ、ハキダメギク、ホトケノザ。 | トップページ | ■F-2離陸事故、原因判明。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/17109544

この記事へのトラックバック一覧です: ■足るを知ること。詩集、『求めない』 加島祥造。:

» 「求めない」加島祥造 [ブームのたまご]
詩集 「求めない」のご紹介です。 [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 21時57分

« ■ちいさな元気。コハコベ、ハキダメギク、ホトケノザ。 | トップページ | ■F-2離陸事故、原因判明。 »