« ■『電脳コイル』、物語の核心へ。 | トップページ | ■赤福、営業停止。「もったいないオバケ」が生きづらい世の中を嘆く。 »

2007年10月22日 (月)

■自信を喪失したときには・・・。

■ブロードキャスター(だったと思う。)で松井稼頭央の話をやっていた。メジャーの天然芝での守備に苦しみ、メッツからコロラド・ロッキーズへの失意のトレード。

それから、松井稼頭央はキャッチボールから守備の練習をしなおしたのだという。ゴールデングラブ賞をとった男が、だ。

■自信を喪失したときには、基礎の基礎に立ち戻って、一つ一つ確かめながら、少しずつゆっくりと成功の感覚と自信を回復していく。

あれこれ悩んで試行錯誤するよりも、それが一番の近道なのかもしれない。

02                   

                         <2007.10.22  記 >

 
■■■今、売れている書籍は?■■■
■ ビジネス ・ 経済 ・ 自己啓発 ■
■ 文学・評論 ■
■ ノンフィクション ■

|

« ■『電脳コイル』、物語の核心へ。 | トップページ | ■赤福、営業停止。「もったいないオバケ」が生きづらい世の中を嘆く。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/16838391

この記事へのトラックバック一覧です: ■自信を喪失したときには・・・。:

« ■『電脳コイル』、物語の核心へ。 | トップページ | ■赤福、営業停止。「もったいないオバケ」が生きづらい世の中を嘆く。 »