« ■新型マツダ デミオ。カッコ良ければ、それでいいじゃないか。 | トップページ | ■必ず、助ける。『プロフェッショナル・仕事の流儀』 ヘリ・パイロット森公博。 »

2007年9月12日 (水)

■安倍首相辞任。責任感の強さゆえの『無責任』。

安倍首相が辞任を表明した。

01_2

■自分のせいでもない年金問題で苦しんだ上、参院選でボロ負けし、支えてくれるはずの閣僚は問題発言、不祥事の雨あられ。

最近、見ていて痛々しい感じがして可哀相な程であったから、同情したくなるのも人情だ。

けれど一国の宰相が「ボク、つらいので辞めます」というのは、さすがに無責任。

所信表明直後というタイミングがそれに輪をかけた。

■何故、こんなことになってしまったのだろうか。

前総理の小泉さんと何が違ったのか。

そういえば小泉さんは難しい局面に当たると、他人事のように「それは困ったことだね。」と上手くやり過ごしていた感がある。

安倍さんは、それをまともに受け止めて自分の問題として背負い込んでしまったのではないだろうか。

リーダーシップにしても、小泉さんは「断固として改革を推し進める!」という「意思」の形で示していたが、最近の安倍さんは「テロとの戦いは絶対に継続しなければならない」という「責任」の形で示していたように思える。

■逆説的だが、その『責任感の強さ』が墓穴を掘ったのだと思う。

それは何も総理大臣に限った話ではなく、部下を抱えたリーダーに総じていえることでは無いだろうか。

行き過ぎた責任感は、かえって事態を悪化させる。

「無責任だなぁ~」と軽く批判されるくらいが丁度「いい加減」なのかもしれない。

                          <2007.09.12 記>

■美しい国へ
安倍 晋三 著 文春新書 (2006/07)
<Amazon評価> ★★★☆ (レヴュー数 177件)

■とてつもない日本
麻生 太郎 著 新潮社 (2007/6/6)
<Amazon評価> ★★★★ (レヴュー数 43件)

 
■ Amazon.co.jp ■
■■■書籍 「売れている順番」カテゴリー別■■■
■ 小説一般 ■
■ 歴史・時代小説 ■
■ミステリ・サスペンス■
    

|

« ■新型マツダ デミオ。カッコ良ければ、それでいいじゃないか。 | トップページ | ■必ず、助ける。『プロフェッショナル・仕事の流儀』 ヘリ・パイロット森公博。 »

コメント

今日の新聞地方版の見出しは
安倍首相退陣 自民県連「当惑」 「福田待望論」どうなる でしたが
ここにきて、こちら群馬では、福田赳夫、中曽根康弘、小渕恵三各氏に続く4人目の「上州宰相」を待ちわびる声が、一気に高まってきているようです。

投稿: 臨床検査技師 | 2007年9月13日 (木) 20時45分

福田さんか麻生さんなんだろうけど、テロ特措法延長と衆議院選挙をにらんで考えると、外相としての継続性と「キャッチー」なキャラクターから麻生さんになる気がしますね。
個人的には、福田さんの人間性も好きなんですが・・・。
しかし小泉チルドレンの小泉復帰待望論は、ちと浅はかすぎる。
小泉さんは隠居してX-JAPANでも聞いてる方が似合います。

投稿: 電気羊 | 2007年9月13日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/16424407

この記事へのトラックバック一覧です: ■安倍首相辞任。責任感の強さゆえの『無責任』。:

« ■新型マツダ デミオ。カッコ良ければ、それでいいじゃないか。 | トップページ | ■必ず、助ける。『プロフェッショナル・仕事の流儀』 ヘリ・パイロット森公博。 »