« ■感覚を磨くということ。『プロフェショナル・仕事の流儀』 職人スペシャル。 | トップページ | ■秘境、カムチャツカ!ヒグマはデカイし、シャケはうようよ。 »

2007年8月 2日 (木)

■歌謡曲の巨星堕つ。阿久悠さん死去。

阿久悠さんが昨日、8月1日に亡くなった。
死因は尿管がん。70歳であった。

01

思えば1970~80年代は、歌謡曲の時代であった。

NTVでは紅白歌のベストテン、TBSではザ・ベストテン。
ゴールデンタイムには、歌謡曲が流れていた。

過去を振り返ってはいけないというけれど、
あの頃の歌は、歌詞が心にしみついて
無意識に、ふと、口ずさむような歌が多かった。

楽しい気分の時には楽しい歌を
ブルーな気分の時には切ない歌を。

ピンクレディーが歌う、異次元的な恋の駆け引き。
沢田研二が歌う、かっこいい男の美学。

小学生時代の自分に、その歌詞が
どこまで理解できていたかは、わからない。

けれど、その強烈なインパクトは、
しっかりと体の芯まで浸透し、
その時の気分と連動して歌が浮かび上がってくる、
という意味で、今や自己の一部となっている。

  
「どうにもとまらない」 「恋のダイヤル6700」

「また逢う日まで」     「あの鐘を鳴らすのはあなた」

「津軽海峡冬景色」   「舟歌」

「青春時代」        「熱き心に」

   
「歌謡曲」と呼ばれるような歌は、一部の演歌を除き
ほぼ絶滅してしまった。

その後も延々と歌は作り続けられ、ヒット曲もある。
音楽的なレベルも上がって素晴らしい曲もある。
けれど、聞き手はどんどん分散していき、
だれもが、その歌に身を任せられる。
そんな歌が極めて少なくなってしまったのだ。
   

老若男女 聞けば楽しくなって踊りだすような
老若男女 聞けば胸を締め付けられるような
   

阿久悠さんは、そういう歌を作ってきた。
けれど、ご安心ください。

阿久悠さんの歌は、
まだこの胸に生きているのですから。
     

こころより ご冥福をお祈り致します。
                      <2007.08.02 記>

_
■CD 『 人間万葉歌 阿久悠作詩集 』
・テーマ別4枚のベスト選集+本人の思い入れが深い作品を年代順に集めた特別ボーナス盤から成るCD5枚組みの永久保存盤。
・阿久悠最新ロングインタビュー及び直筆メッセージを特別収録。
<Amazon評価 
 ★★★★ (レヴュー数 3件)>

■単行本 『歌謡曲の時代』
阿久悠 著 新潮社 (2004年9月)
・・・作詞家・阿久悠が書いた99の歌謡曲を通して
   日本人の心を見つめるエッセー。

<Amazon評価  ★★★★☆(レヴュー数 2件)>

■新書 『愛すべき名歌たち』
阿久悠 著 岩波新書 (1999年7月)
・・・ 幼少期から現在まで,心をゆさぶり続けた「名歌」たちの
      息づかいを時代の風景の中に描き出した自伝的歌謡曲論。

<Amazon評価  ★★★★ (レヴュー数 1件)>
    

|

« ■感覚を磨くということ。『プロフェショナル・仕事の流儀』 職人スペシャル。 | トップページ | ■秘境、カムチャツカ!ヒグマはデカイし、シャケはうようよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/15982061

この記事へのトラックバック一覧です: ■歌謡曲の巨星堕つ。阿久悠さん死去。:

» 阿久悠さんが逝く......昭和と言う鐘を鳴らし続けたひと...。 [建築YA「髭」のCOLUMN]
 「あなたに会って、良かった。あなたには希望のにおいがする...。」希望のにおいってどんなにおいだろうかとよく考えて聴いたものだった。  昭和と言う時代の歌謡界を牽引した阿久悠さんが亡くなった。私はまさに、テレビ番組「スター誕生」やピンクレディー全盛期をリアルに思春期を送った世代だし、私は当時、日本の歌謡曲には少し背を向けて洋楽やJAZZを聴く事が多かったが、今、改めて聴くと、今と比べてその言葉の豊かさに驚かされる。  例えば「あの鐘を鳴らすのはあなた」と言う曲は、その歌詞が印象的で今でも時々冒... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 15時57分

» 追悼・阿久悠ー“梁塵”をひたむきに紡ぎ続けた男 [八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)]
昭和を代表する作詞家・阿久悠先生が旅立たれたとの報が、日本中を駆け巡った。同郷であり、同じ詞を書く者として非常に尊敬していただけに、今回の突然の訃報は残念でならない。 [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 17時00分

« ■感覚を磨くということ。『プロフェショナル・仕事の流儀』 職人スペシャル。 | トップページ | ■秘境、カムチャツカ!ヒグマはデカイし、シャケはうようよ。 »