« ■『5回のうち4回は流せ!』 スーパーマン・シンドロームに陥らないために。 | トップページ | ■セミの一生。 »

2007年8月24日 (金)

■ヘリ空母、「ひゅうが」進水。

23日、海上自衛隊ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」の進水式が行われた。

護衛艦と名乗っているけれども、どこからどうみても航空母艦である。平らな甲板(全通甲板)の脇に縦長の艦橋があるのを見れば子供でも『空母』だと思うだろう。非常に挑発的なスタイルである。変な言いがかりが付かなきゃいいのだが。

艦載機についてはヘリコプターのみを考慮して設計されているそうだけれども、このカタチを見たらどうしても「F-35あたりのV/STOL機を載せようと思っているんじゃないの」、とかんぐりたくなるのも人情だ。

そこのところ、どこまで懐の深い設計をしているのか。専守防衛の海上自衛隊は『戦闘機、乗せられます』なんて口が裂けても言えないのだけれども、ちょっと気になるところだ。

この艦の志としては、「アジア各地の天変地異・非常事態に即応し、救援物資を満載して東・南シナ海、インド洋を駆け巡る」というのが自衛隊らしい姿だし、未来永劫、そうあり続けて欲しいものである。

_

ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」
■基準排水量 1万3500トン
■全長 197メートル
■最大幅 33メートル
■最大速力 30ノット以上
■艦載機 対潜哨戒ヘリ3機(+掃海・輸送ヘリ1機)
■ヘリ同時発着数 3機(+1機?)
■ヘリ最大積載数 11機
■兵装 対空ミサイルESSM、対潜ミサイル アスロック
           近距離防空システム ファランクス(20ミリ機関砲)等
■就役 2008末予定

                          <2007.08.24 記>      

 
■ Amazon.co.jp ■
■ TVドラマ・映画 原作本ページ
■ '07 上半期 Booksランキング
 
■【 書籍・ベストセラー 】
■【 DVD・新着ベストセラー 】

   

|

« ■『5回のうち4回は流せ!』 スーパーマン・シンドロームに陥らないために。 | トップページ | ■セミの一生。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/16224136

この記事へのトラックバック一覧です: ■ヘリ空母、「ひゅうが」進水。:

« ■『5回のうち4回は流せ!』 スーパーマン・シンドロームに陥らないために。 | トップページ | ■セミの一生。 »