« ■朝。 | トップページ | ■『FX 次期主力戦闘機』 その3。 タイフーン一気の末脚!? »

2007年6月 2日 (土)

■『帰ってきた時効警察』 第8話 オダギリジョーの才能は演技だけではなかったのだ。

文芸映画を想像させる風景の中を三日月と霧山が歩いていく。あ、霧山君?このヒト誰?暗転。不気味な洋館の中で三日月を待っていた時効管理課のメンバー。今回、時効事件を捜査するは自分なのだと告げられる。耳元で囁く謎の男。突如、小劇場チックに花道に登場する霧山、ラインダンス、そして舞台崩し!そこは、とある公園。脈略もなく子犬に襲われる三日月。それとは全く無関係に奥で土俵入りをしている裸の男。・・・すべて三日月の夢だったのか?

8 #8 「今回、三日月が大活躍する理由は深く探らないほうがいいのだ!」
■脚本・監督 オダギリジョー

2007.6.1放送

  

■事件は、総武市の高級住宅街で起こった。殺されたのは悪徳不動産会社社長・東吉田真一。だが、被害者があまりにも恨みを買いすぎていて犯人を絞り込めず捜査は難航、警察は第一発見者のメイドから無理やり自白を取り付けるも、その強引さが社会問題にまで発展し、無罪釈放。結局、時効を迎えることになった。

■霧山と三日月は、被害者の妻・美幸(麻生久美子・二役)の母親・八重(加藤治子)を訪ねるのだが、そこで階段から転げ落ち、霧山は入院。ウキウキと看病に励む三日月は、時効捜査も自分が手伝うとビデオカメラを片手に聞き込みを始める。

■事情を聞いているときに発生した集中豪雨で、八重がウソをついているとにらんだ霧山。異常なほどに左右対称に整えられた被害者の死体。世界記録を目指して伸ばしてきたのに、事件の後、突然短く切られた八重のツメ。これらのヒントから霧山は左右対称を異様に好む八重が犯人であると確信する。八重は、生まれたばかりの孫娘にまで手を挙げた真一に逆上し、殺害。皆に愛されていた八重を周りがかばってアリバイを仕立て上げたのだった。

■エンドロールで明かされる衝撃の事実。
         脚本・監督 オダギリ ジョー !!

■かなり凝った演出で、今回はずいぶん気合は入ってるなー。と思ったら。霧山くん、じゃないオダギリジョーの作品だったのか。すごい。才能ある。

■馬鹿馬鹿しい手がかりから、しみじみとした事件の真相にたどり着く時効警察の基本を押さえた上で、定番の小ネタもてんこ盛り。オープニングの夢のシーンは秀逸だし、その夢をストーリーへのつなげていくやり方も上手い。三日月さんが東吉田邸で八重の話を聞いているシーンから病室のビデオ再生を時効管理課の面々が見ているシーンへ切り替わるところなんて、ドキッとしてしまった。天は、彼に二物も三物も与えたもうたのだ。

■ラストがまたいい感じだ。加藤治子の演技力もあるけれども、きっとオダギリジョーの人間性が出ているんだろう。最後にキッチリ感動させる。いい仕事でしたよ。霧山くん。
<追記> 
え?!オダギリジョーって、カルフォルニア州立大フレズノ校で監督養成コースに入るつもりが、願書記入時のチョンボで俳優養成コースに間違えて入っちゃったの??どおりで玄人っぽい演出なわけだ。なっとく納得。

←Wikipediaより 

●●● 今回、やられた小ネタ ●●●

■メイドに自白させようとして被害者の写真で踏み絵をさせる捜査員たち。
■記者会見で謝罪する警察幹部。フラッシュに反射して光る、仲良く並んだハゲ頭。
■事件当時の回想シーンで小学生を演じるサネイエさん。違和感がないのが笑える。
■ビニールハウス野菜窃盗犯の気持ちになろうとして、ビニール製のトレンチを着るのだけれど、思わず野菜の気持ちになってしまう十文字と蜂須賀さん。
■何故、下着にトレンチかは十文字のブロク『刑事の花道』に掲載されているが、それじゃ変態と変わらんぞ。あ、「トレンチ」と打とうとして、「と廉恥」と変換された。トレンチと破廉恥の違いは意外と小さなものだった・・・。(と、渋くつぶやいてみる。)
■野菜や果物の価格高騰を黒板で説明する蜂須賀さん。何を描いてるか、さっぱり分からん。で、話が終わらないうちにスグ消しちゃう。確かに、いるよなー、こういうインチキ講師。
■三日月さんゴハン食べすぎ!って、霧山の横に立ってるシェフは何者?
■浮かれて暴走する三日月さん。照れて殴るは、介護ベッドを起こしすぎるは。三日月くん痛い、痛いって!!
■三日月!ぞうに勝手にエサやるんじゃねーよ!
■夜の公園、ビニール手袋をクチで膨らましている子犬の「黒」ちゃん。あんぱんか?いつからそんなに悪い子に!
■夫婦喧嘩で飛んでくるパイ。ベタ過ぎで笑えた。
■ウソをつくと怪奇現象が起きるシリーズ。ウソをつくと体温が上がって上昇気流が発生、積乱雲を生じ、ときに集中豪雨を引き起こす。そんな馬鹿な、って十文字が「ペルー育ち」とウソをついたとたんに集中豪雨。うまい!
■事件の真相を語りだす三日月。誰にも言いませんよカードを渡すときの嬉しそうなこと。
■今回の麻生久美子さんは一人二役。女の人って髪型でずいぶん変わるもんなんだな。
■ところで、三日月の耳元で囁く夢の中の男は誰なのだろう?
 

大海が飲み込んでくれる叫びは チクショーんですが・・・

次回はとうとう最終回。さびしくなるなー。
 

   
DVD BOX 『帰ってきた時効警察』
<2007/09/28発売予定、予約受付中>
Photo_97  最終回の放送が終わったそばから、ビッグニュースッ! なんと、『帰ってきた時効警察』のDVDが9月28日 (金)に発売されることになりました。
言っちゃいますとね、 未放送映像を大量に復活させた特別版本編 に加え、 番外編ドラマ「総武署時効管理課 残業中」キャスト&スタッフによるトークコーナーにオーディオコメンタリー、そして初回特典として“誰にも言いませんよカードセット”を封入…と、特典内容も 多め 多めに盛り込む予定との噂。 <オフィシャルサイトより>
【Amazonのレビューを見る】
 
 

帰ってきた時効警察オフィシャル本』
Photo_61オフィシャル本もどーんとバージョンアップして帰ってきました。やっぱり、『時効警察』に時効はないと言っても過言ではないのだ!
今回もよろしくお願いします。
<紹介文より>
【Amazonの書評を見る】

 

『帰ってきた時効警察 オリジナル・サウンドトラック + 三木聡×坂口修 作品集』
__8(2007 5/23発売 予約受付中)
今回のサントラには「時効警察」の音楽だけでなく、三木聡監督と音楽・坂口修氏が過去にコラボした色んな作品の音楽が入ってるんですよ。しかも、第4話で三日月が歌った「しゃくなげの花」ほか3曲も収録!(三日月しずか 『満月』) さらにこれだけ多めに入って、お値段たったの3,000円! お買い得ですね~。 <←公式サイトより>
・・・ 三日月しずか 『満月』。まさかの発売です(笑)。
【Amazonのレビューを見る】
 

Photo_95 時効警察オフィシャル本 
オダギリジョー&麻生久美子&三木聡ロングインタビューと撮り下し写真。十文字&蜂須賀刑事の小ネタ裏づけ捜査。鑑識課・諸沢の「こんなもの見つけました」コレクションなど
  【Amazonのレビューを見る】
 
 

_box_1 DVD BOX『時効警察』
全9話+特典映像(・・・非常に気になります。)
 【Amazonのレビューを見る】
 
 
   

                                                  <2007.06.02 記>

   
   
■関連記事■
・『帰ってきた時効警察』おかえりなさーい♪
・第1話 コーヒー淹れろょぅおい。ここだょぅおい。
・第2話 気負い過ぎはカランカランと虚しく響くだけなのだ。
・第3話 身もフタもないといえなくも無くもないのだ。プクー。
・第4話 今回の主役は、三日月さんだと言っても過言ではないのだ。
・第5話 この展開には、おそ松くんもビックリなのだ。エコエコ、アザラ~シ。
・第6話 青春それはピチピチ~♪
・第7話 おおまか村はイノシシかっ?!欧米かっ?!
・第8話 オダギリ・ジョーの才能は演技だけではなかったのだ。
 

■「帰ってきた時効警察」公式HP
http://www.tv-asahi.co.jp/jikou/

■「映画鑑賞★日記・・・」さんにトラックバックします。
http://yukarin.livedoor.biz/archives/51159990.html

|

« ■朝。 | トップページ | ■『FX 次期主力戦闘機』 その3。 タイフーン一気の末脚!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■『帰ってきた時効警察』 第8話 オダギリジョーの才能は演技だけではなかったのだ。:

» 帰ってきた時効警察 #8「ドラマ」 [映画鑑賞★日記・・・]
第8話「今回、三日月が大活躍する理由は深く探らないほうがいいのだ!」 [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 21時45分

« ■朝。 | トップページ | ■『FX 次期主力戦闘機』 その3。 タイフーン一気の末脚!? »