« ■感情に正直であること。 宮崎駿 | トップページ | ■ツバメが帰ってきました。 »

2007年4月 9日 (月)

■ひつじの本棚■ 『パーキー・パットの日々』 予見された「Second Life セカンドライフ」。

<ディック傑作集1>『パーキー・パットの日々』

■「Second Life セカンドライフ」というネット世界が、アメリカでブームになっており、近々日本にも上陸するらしい。

Secondlife カリフォルニアにあるリンデン社のサーバーの中に創られた仮想世界。会員は、アバターという3Dの仮の姿を得て、その世界で他の住民と会話し、遊ぶ。それだけではなく、その世界の米ドルと換金可能な通貨があり、買い物まで出来る。4月8日付の読売新聞によると、トヨタ、日産や、ブックオフ等も、仮想店舗を持っているそうだ。

    

02_2 <Second Life HP(概要)>
http://secondlife.com/world/jp/whatis/

(文字化けする場合は、画面を「更新」してみてください。)

■当然のことながら、これは米国だけの話ではなく、非常に近い将来、我々はこの世界に関わらずには居られなくなるだろう。
ついに、ここまで来たか、という感慨に耐えない。
  
■セカンドライフ アカウント数推移<出展 Wikipedia>
2006年10月  100万
2006年12月  200万
2007年1月末  300万
2007年2月末  400万
2007年3月末  500万
   

■一体何が、人々を惹きつけるのだろうか?ドキドキする夢の無い、つまらない日常の閉塞感から逃れるため?
だが、この現象はそんな陳腐な想像力を超えたところにあるような気がしてならない。
  

■さて、本題は、P・K・ディックの短編「パーキー・パットの日々」。
どうもこの世界観が、セカンドライフを彷彿とさせるのだ。

<あらすじ>核戦争に敗れ、僅かに生き残った人類は、地下にもぐり細々と暮らしていた。彼らの唯一の楽しみは、「パーキー・パット」という少女人形を自分に見立て、街をつくり、その小さな世界で、戦前の楽しく美しい生活を再体験するというゲームであった。しかし、となりの集落の「人形社会」の異なる世界と接触することで「パーキー・パット」世界に混乱が生じる・・・。

        
これは1960年代の作品である。
世界はやっとP.K.ディックに追いついたのだ。
 

<ディック傑作集1>『パーキー・パットの日々』
Photo_36 ●「スクリーマーズ」(1996)、「クローン」(2001)、「ペイチェック/消された記憶」(2003)。ハリウッドSF映画の原作全集?!なかなか映画ではディックの深みは出せないのだけれど、「クローン」は雰囲気が出ていた。
表題作の他、豚のような姿をしているくせに、やけに生意気な口を利く異星物を食べた男は・・・処女短編『ウーブ身重く横たわる』、
傑作『変種第2号』(映画『スクリーマーズ』原作)等を収録。

・・・ついでと言っては何ですが。
<ディック傑作集2>『時間飛行士へのささやかな贈り物』
Photo_40

●ディック一流のユーモアで心が癒される。
国家的なタイム・トラベル実験で、タイム・トリップ中に爆発事故が起きた。時間の無限ループに飛行士たちの運命は…。表題作、『時間飛行士へのささやかな贈り物』は、地球へ落ちていく宇宙飛行士が泣かせるレイ・ブラッドベリ『万華鏡』(『刺青の男』に収録)と並んで、大好きな短編の一つ。

      
■フィリップ・K・ディック
(Philip Kindred Dick)
【作品リスト】
アメリカのSF小説家。(1928-1982)
アンドロイド、殖民惑星、タイムスリップなど、所謂SFネタをふんだんに用いながら、「本物」と「偽者」の違いを通じて「自分であること」の定義が如何に不安定なものであるか。など、人間の、そして世界の本質について深く思考を続けた作家である。それ故、彼の作品はScience Fictionでは無く、Speculative Fiction(思弁小説)と呼ばれるようになった。長編も良いが、短編が素晴らしいという人も多い。

高校生の頃、非常に嵌った作家である。また、読み返してみようかな・・・。

                                                       <2007.04.08 記>

   
   

『セカンドライフの歩き方』
Photo_41

  
   

   

■茂木健一郎さんのクオリア日記 「その帰趨は」にT/Bさせていただきます。
http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2007/05/post_19a1.html

■「ファンタジーのひとつぶ」さんにトラックバックさせていただきます。
http://tomohiro-h.jugem.jp/?eid=141

<ディック傑作集1>『パーキー・パットの日々』
  

|

« ■感情に正直であること。 宮崎駿 | トップページ | ■ツバメが帰ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/14607677

この記事へのトラックバック一覧です: ■ひつじの本棚■ 『パーキー・パットの日々』 予見された「Second Life セカンドライフ」。:

» セカンドライフ [セカンドライフ]
セカンドライフオンライン不動産 [続きを読む]

受信: 2007年4月11日 (水) 10時08分

» 恋多き女、深田恭子、またまた、恋愛発覚!! [フカキョンまたまた、新しい恋人発覚!!]
恋多き女、フカキョンこと深田恭子の恋愛情報集 [続きを読む]

受信: 2007年5月 2日 (水) 18時05分

» 靖国論争 首相の立ち位置は!! [今、話題・流行・旬のキーワード発信ブログ]
5月9日の電子新聞(旬の情報ナビゲータ)です!!靖国論争 首相の立ち位置は!! [続きを読む]

受信: 2007年5月 9日 (水) 09時32分

» セカンドライフ 関心ある方なら・・・ ☆ セカンドライフ マスター法 [mixi life ミクシー で素敵な生活 ☆ mixi love ミクシー で素敵な恋愛]
セカンドライフに興味がある方、mixiにもたくさんおられますよね。現実世界では、仕事や家族の人間関係、悩み事や問題がいっぱいあって、リラックスも癒しもなかなか手に入りにくいですね。それが現実とわかっていても・・・人間、そう簡単に生まれ変わることはできま...... [続きを読む]

受信: 2007年5月18日 (金) 09時21分

» 赤西仁 加藤ローサは嘘 本命は別にいた 【画像つき】 [赤西仁 加藤ローサは嘘 本命は別にいた 【画像つき】]
先週、加藤ローサとの熱愛が報じられ、以前から交際していた玉木宏との三角関係が噂されたKAT−TUNの赤西仁。 【フライデーに載った写真 1】 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 02時17分

« ■感情に正直であること。 宮崎駿 | トップページ | ■ツバメが帰ってきました。 »