« ■『華麗なる一族』 最終回  生き続けることについて | トップページ | ■桜満開! »

2007年3月30日 (金)

■07世界フィギュア選手権 安藤美姫!

感動したよ。安藤美姫。
B_5

トリノでは、居たたまれないくらい散々な結果に終わった。もう、安藤も終わりだな。と正直思った。というよりは、何で五輪に出てるの?なんて酷い見かたをしていた。

シーズンが変わって、風の噂でGPアメリカで優勝したらしいと聞いて、でもまだ半信半疑。

そして年末のGPファイナル。肩の脱臼をこらえ、奥歯を噛み締め立ち上がり、ステップを踏んだド根性。「あんたは偉い!」とは思ったが、まだまだ眼にへばり付いたウロコは落ちない。

でも、今回は見ていて正直キレイだと感じた。いや、全く素人なので何が良いのかなんて分からないのだけれど、真央のバンビちゃんみたいな可憐さと異なる、なんというのか「たおやか」な魅力を感じたのだ。

努力と根性だけでは、得られない何かを得たのだね。きっと。

フリーの最終滑走者としてリンクに入る安藤。その面持ちは緊張と表情と言うよりは、決意の表情に見えた。膨らむ期待。が、日本中が期待した4回転は見られなかった。

だが本番での4回転は必ずしも必要ではないのかもしれない。試合で4回転を飛ぶことではなくて、4回転を飛べる自信が演技の余裕として現れる。その余裕があの「たおやかさ」の秘密なのかもしれない。

しかし・・・モロゾフ恐るべしだな。

★【人気blogランキング】に参加しています★
下のリンクをクリックして投票よろしくお願いします。
【人気blogランキング】

|

« ■『華麗なる一族』 最終回  生き続けることについて | トップページ | ■桜満開! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208704/14444279

この記事へのトラックバック一覧です: ■07世界フィギュア選手権 安藤美姫!:

« ■『華麗なる一族』 最終回  生き続けることについて | トップページ | ■桜満開! »